ワンピースネタバレ805話の確定と感想。「ミンク族」考察など。

公開日: 

ワンピースネタバレ805話の確定。「ミンク族」

 

扉絵は新聞を運ぶニュースクーと、その後ろにスルメ。

 

侵入者がガーディアンズを怒らせてしまうと、ナミの服着たミンク族があせる。

キャロットが高く飛びあがり、くじらの森を見ると爆発が起きている。

2人はワニに乗り、急いでその場に向かいはじめる。

Sponsored Link

 

ウソップたちに、

「右手右尻の森を進み右腹の森へ行け!仲間のしたいがそこにある!」

と叫ぶミンク族に、ウソップたちは「エェェェ!!」と驚号。

あせるウソップ達の中、ローが一枚のビブルカードを取り出す。

航海士ベポのビブルカードで、ベポもミンク族らしい。

「ここからまっすぐ進めば正確な情報を得られるはずだ!」

 

場面変わってくじらの森。

ルフィと巨大な牛のミンク族が戦っている。

ベポやジャンバールが戦いを止めようとしているが、ジャンバールはアフロのゴリラに投げ飛ばされる。

そこにキャロットと犬のミンク族が到着。

ゴリラはバナナ、牛はマントにつられて、争いが止まる。

 

ナミの服着たミンク族はワンダ、うさぎはキャロットと言う名前。

ガーディアンズには、すぐにルフィを連れていくから許してくれと話す。

そこに影から顔を出す熊?のようなミンク族。

ペドロと言う名のそのミンク族の命令で、牛とゴリラ、その他多数のガーディアンズが引き上げていく。

実は囲まれていたが、それに気づかなかったルフィ。

そこにベポがやってきて、早くキャプテンに会いたいよ~うお~ん、と叫ぶ。

 

一方ゾロたち。

ボロボロの町に、様々な襲撃の後が残っている。

サンジたちを心配する一同。

場面変わりルフィとワンダ。

「数百年の歴史あるこの国はモコモ王国、そしてこの国を滅ぼしたのは・・・ジャック!」

ワンダは仲間たちのもとに案内すると言うが、ルフィがそこにいるんだな?と聞くと押し黙る。

サンジたちの身にいったい何が!?

 

ワンピース805話、ここで終了。

 

感想や考察など。

 

ミンク族が続々と登場してきましたね。

どうやらミンク族と言っても、その中で様々な動物の形態があるらしく、その動物の特徴を反映していると思われる。

ウサギのミンク族=ジャンプ力が高い

ゴリラのミンク族=超怪力

獣と人の融合した種族と言う感じです。

Sponsored Link

souzou

 

そしてゾロが食らった電撃のような攻撃は、「エレクトロ」と呼ばれる手に仕込める形の武器のようでした。

空島にあった、衝撃ダイアルのようなものっぽい。

ブルックが氷の攻撃を受けてましたが、これももしかしたらエレクトロと同じ類のものかも。

zou

電撃のほかに、氷、炎などが存在する可能性もありそう。

 

そしてミンク族を襲撃したのは「ジャック」でした。

ジャックの船がゾウの船首だったのは、象の住人だったわけじゃなく、象を襲撃する側だったんですね。

sirohige1

ミンク族のガーディアンズは、ほとんどが包帯を巻いて大きなけがをしていました。

ドフラミンゴの船を襲撃していた時は、ジャックはモブキャラ的な要素がありましたが、ガーディアンズに怪我を負わせている当たり強さも相当なものらしい。

斧手のモーガン説がありましたが、その可能性はちょっと薄いかな・・・

なんかすごいアイテムを手に入れた可能性もありますが。

 

そして心配なのはサンジたちの状況です。

果たして生きているのかしんでいるのか!?

個人的には、ワンダに舐められたサンジが、また鼻血を吹いて倒れたとかのような気がするんですが。

「起こってしまった事」と言う言葉が非常に気になる。

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑