ワンピースネタバレ806話の確定と感想。「右腹の砦にて」考察など。

公開日: 

ワンピースネタバレ806話の確定。「右腹の砦にて」

 

扉絵はフーシャ村で5億のルフィを祝うマキノやダダン。

ダダンはマキノの子供を抱えてる。

 

再び噴火雨が発動、ゾウが鼻を上に向けて、背中に水浴びをしている。

ゾウの足を今度は猫で登っている、錦えもん、カン十郎、猿は、水浴びをモロに食らってしまう。

ルフィはワンダとキャロットとワーニーに乗っていて無事だった。

この国ではこの水が国の生活に使われ、魚も降ってくる恵みの雨だと言いつつ、キャロットがルフィの耳を噛む。

ゾロたちはロビンの判断で、高台の上に避難していて無事だった。

nisiki1

ウソップが高台から双眼鏡でルフィを見つけ、噛まれてるルフィを見て食われてると勘違いする。

 

途中で磔り付け台を見つけて、襲撃を思い出すワンダ。

ジャックはミンク族を拷問にかけて、いるはずだ!と問い詰める。

思い出しつつ、涙を流す。

ジャックはドフラミンゴの船を襲撃したが、船を2隻沈めつつも失敗したらしい。

しぼう記事は出ていないので、生きているんじゃないかとのこと。

そこにシャンブルズで、ゾロたちがルフィとワンダの前に現れる。

と同時に、右腹の砦の門の前に到着する。

 

場面変わってナミ、羊の腹の上に寝ている。

チョッパーが出て来て、「ルフィたちがやっと来てくれたぞ~!」

右腹の砦に出てくると、ミンク族がルフィたちを歓迎している。

想像と違う出迎えに、とまどうルフィたち。

ミンク族が人間を嫌っていると言うのは、外の人の思い込みらしい。

ルフィに抱き着くナミ、しかしその眼には涙が・・

「サンジ君が・・・」

 

感想や考察など

 

やっぱりサンジが危険な目にあってましたね。

Sponsored Link

これ絶対、

・女ミンクにモフモフスリスリされて鼻血ブー

・女ミンクに舐められるか噛まれるかして鼻血ブー

みたいな展開に違いない。

あそこにいなかった、ブルック、シーザー、モモも似たような感じになってる気がします。

魚人島のときみたいな展開になっていたとしたら、輸血はどうするんでしょうね。

S型RH-はめっちゃ少ないらしいですが、もしかしたらローが同じ血液型かも。

同じ北の海出身と言う事で。

 

扉絵にはマキノの子供が登場してました。

子供の髪色が黒じゃないのと、海賊嫌いの村長が相変わらずシブい顔をしている所を見ると、父親はほぼシャンクスで確定でしょうか。

突然村に現れて、美人店主と子供作っていくとか、シャンクスどんだけ~w

にしてもサボの帽子と、村長のシャツの「S」の文字が気になります。

サボが生きてたことと、懸賞金も発表されてたと言う事でしょうか?

 

そしてジャックは、ドフラミンゴ護送船襲撃には失敗してしまったようです。

捕まったとは書かれていないので、多分ゾウに戻ってきそうです。

そしてドフラミンゴ様を捕まえた麦わらの一味を、目の敵にする展開かなと。

ワンダの過去から見ると、誰かを探してるっぽいんですが、目的は侍でしょうか?

目的はポーネグリフと古代兵器かと思ったんですが、違うかも。

→ ワンピースネタバレ806話の確定を予想。ジャックの目的は古代兵器復活?

 

カイドウの名前を聞いた時に錦えもんとモモがビックリしてたので、

nisiki

侍とカイドウ一味にはなんらかの関係がありそうです。

カイドウ一味とワノ国が戦争中で、錦えもん達は戦いの鍵を握るある物を探すために、ゾウに来ていたのかも。

800年前に封印した、名刀とか出てきたら面白いんですけどね~

 

にしてもロビンは、怖い想像する割に、頭の中の絵がいつもかわいいのはなんでだろう。。

 

807話の予想はこちら

 

Sponsored Link

Comment

  1. サボ より:

    サボの子供だよ 帽子も髪型もサボ

  2. W9 より:

    サボ目覚めて2年でマキノさんを落とすとこまで・・・

    シャンクスは滞在1年だからなくもない・・・しかもその後ほったらかし・・・フラっと戻ってきてマキノと?

    もう一人のS、SONCHOさんのSだな、マキノと村長の子供

    • サイト管理人 より:

      シャンクスは戦争の後に様子を見に来て・・なのかも。
      サボだと10歳くらい年上になるけど、マキノさんならOKなのか!?
      村長だったらこいつは極悪人ですね~

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑