ワンピースネタバレ841話の確定と感想。「東の海へ」考察など

公開日: 

ワンピースネタバレ841話の確定「東の海へ」

 

扉絵は白ひげを食べる白ヤギ

Sponsored Link

その真実は仮面の下に…

食事を運ぶジェルマ兵。
トレイには豪華な料理が載せられ、わざわざミネラルウォーターのボトルにワイングラス。

「あんな贅沢な食事を 毎食…一体どこへ」
「さァ」

女「客間には誰も来ていないのに」

それを咎めるジジイスタッフ「詮索などするな」

「国王様の命令だ 言われた通り作ればいい」

女「……はい」

女「どこかの国の要人を匿ってるとか」

「若い女を住ませているとか?」

別の女「そうだ地下から叫び声を聞いたって話」

ジジイ「お前達!!!」

 

食事の時だけは鉄仮面の口の部分を外されるサンジ。
そこでふと、外から響く叫び声に気が付く。

地上では戦闘訓練の真っ最中だった。
大人の兵士を素手で投げ飛ばすイチジ。

研究者「目紛るしい成長…まさに超人達」

ジャッジ「わははは!! 見事だ 誇らしいぞ!!」

ニジ「父上!!」
レイジュ「お父様!!」

駆け寄った子供たちを笑顔で抱きしめるジャッジ。

ジャッジ「最愛の子達よ!!!」

サンジは食事をしながら、厨房で料理の練習をしていたことを思い出していた。

 

【回想】

包丁で指を切るサンジ。

「いてーーー!!!」

ジジイのシェフが慌てた様子でやってくる。

ジジイ「大変だサンジ様!! 国王様よりあなたを厨房に入れるなと…!!」

それでも厨房に通うサンジ。
食材を詰め込んだきたないお弁当が完成。
雨の中、どこかへ向かって行くサンジ。

兵士「お一人で行かれるので!? 病棟は最後尾! 遠いですし天候も…」

サンジ「いける!! ついてくるな」

「お父さんにはいわないで……」

言いながら転んでしまうサンジ。

雨足は強くなっていく。

兵士「嵐が来るぞ!!」「家へ入れ!!」

 

さらに弁当の匂いを嗅ぎつけた犬がサンジに迫る。

犬「グルル…」

サンジ「!!」

「何だよ…これはエサじゃないぞ!!」

犬「ワン!! ワン!!」

サンジ「わーー!!」

そして嵐が到来。ジェルマ王国全体が傾いている。
病院にたどり着いた頃にはボロボロになっていた。
看護婦「サ……サンジ様!? まさかお一人で!?」

サンジはすっかりボロボロになった弁当を見せる。

看護婦「お気持ちは嬉しいですが…もし王妃様がお腹でも壊したら」

「──でももしかしたらお味の方は……」

「ああああ~~!!」

サンジ「えェ~~~っ!?」

 

そしてサンジは病室の母親の元へ。

母親「来てくれたの! サンジ」

サンジ「うん」

母親「バレたらお父様に怒られちゃうわね…!!」

「私の為に作ってくれたの?」

サンジ「う…うん…」

 

母親「エポニー!!」

看護婦「は…はい王妃様っ!!」

母親の目の前には綺麗な弁当箱が置かれていた。

母親「余計な事しないで!! サンジが私に作ってくれたものを持ってきて!!」

看護婦「!!」

「あ…その ハイ…ですがアレはもう原型を留めてなかったので ゴ……ゴミ箱に…!!」

でろでろになった弁当を笑顔で見ている母親「まあ素敵!」

「卵焼きに……お魚とバナナかしら」

サンジ「ごめん…!! お母さん!! 失敗したんだ…!!」

「とちゅうで転んで…おとしたし」

「つぶれたし…!! 雨にもぬれたし…………!!」

 

母親「どれ…」パク!

サンジ「あ」

母親「ん~~♡ おいしいっ!!」

サンジ「ホントーー!?」

母親「ええっ!」

きちんと弁当を完食する母親。

「また…作ってくれる?」と優しく言葉をかけるが、その機会は訪れないまま母親は還らぬ人に。

そんなことを思い出し、まるで料理をするようにパンをトントン刻んでいくサンジ。

兵士に料理の本と道具を頼むと、包丁やオーブンまでちゃんと用意をしてくれた。

その本のなかに『オールブルー』の記述を発見するサンジ。

 

「みろよ やっぱりサンジだ」
「ホントだ間違いねェ…!!」

現れた人影にへたり込むサンジ。

ニジ「生きてたのか! コイツ」

「父上はなんであんなウソを」

イチジ「死んでほしいからだろ」

カギを取り出すイチジ。

ヨンジ「──じゃあ本当に死んだら 父上は喜ぶかな…!!」

サンジ「………!!」

ヨンジ「出来損ない だもんな!!!」

ボコボコにされるサンジ。
物陰ではレイジュが溜息をついている。

イチジたちが去った後、サンジの手当てをするレイジュ。
レイジュ「私を味方だなんて思わないでね!」

サンジ「………!!」

レイジュ「巻き込まれるのはイヤ!!」

「あの3人こそお父様の理想の戦士」

「『かわいそう』とか『悲しい』とか思う感情が”ない”のよ」

サンジ「!?」

レイジュ「体の『改造』は私も成功してるけど…あいつらとはそこが違う」

「そうだ もうすぐ”赤い土の大陸(レッドライン)”を登るのよ」

「”東の海(イーストブルー)”でいくつか戦争するみたい」

 

レッドラインの岸壁を船のまま登るカタツムリたち。

『東の海へ向け 移動を開始します!!』
『到着予定は 3週間後』

それからも、イチジたちの暴行は続く。
そのたびにレイジュが手当てへ向かう。

震える声で言うサンジ「レイジュ……!!」

「おれ」

「コックになりたいんだ」

戸惑うレイジュ「!!?」

「………!! だから私に言わないでよ!!」

 

【東の海(イーストブルー)】

軍艦がジェルマの船へ砲撃している。

「”ジェルマ66”です!!!」
「実在したのか!!!」

ジャッジの元へも報告が。

「ジャッジ様!!」
「標的国コジアが我々に気づきました!!」

ジャッジ「根じ伏せろ!!」

サンジ「ここで…!! 東の海でにげだせば……!!」

「もう2度とお父さんのかお……!! 見なくてすむよね!!!」

レイジュ「!!」

ボロボロ涙を流すサンジに、レイジュも目いっぱいに涙を浮かべる。

レイジュ「どいて」

メキッと素手で鉄格子を開くレイジュ。

サンジ「!!」

レイジュはすぐにその場を立ち去る。

「2度はないからね!! ヘマしないでよ!!」

運よくジェルマもコジアに上陸し、展開を始めていた。

「コジアを攻め落とせーー!!!」

壁にかけられたカギに手をかけたサンジだが、そこでジャッジに見つかってしまう。

ジャッジ「そこで何をしてる!!!」

「……サンジか なぜお前がここにいる」

サンジ「………!!」

「おれはこの国を出ていくんだ!! 邪魔するな……!!」
ジャッジ「……地下にいる間にずいぶん口が悪くなったな」

Sponsored Link

「お前の様な”ただの”ガキが 1人で生きて行ける様なやわな海など無い!!」

「死ぬぞ?」

サンジ「それが何だ!!! 止めたってムダだぞ!!」

ジャッジ「助かるよ……」

サンジ「………!?」

ジャッジ「私も人の子なんだな…こんな役立たずでも 我が息子を直接手にかける事はできなかった」

「自分の意志で消えてくれるか…」

「引き止めやしない…!! 鉄仮面のカギはそのまま持って行け」

サンジ「ふぅ ウぐ… ……くぐ」

ジャッジ「ただ一つ……父として」

「私からの最後の頼みを 聞いてくれないかサンジ…!!」

サンジ「………!?」

ジャッジ「私がお前の父親である事は 絶対に人前では口に出さないでくれ…!!!」

「誰にも知られたくない汚点なのだ……」

サンジ「!!!」

ジャッジ「わかるよな?」

「うおおゥ…!! おおお おおお~~~う…!! うわああああ~~~~ん!!」

泣き叫ぶサンジの嗚咽を、離れたところで聞いていたレイジュ。
レイジュもまた耐え切れず涙を流す。

港の兵士から通信が入る。

「港の客船をどうします!?」

ジャッジ『依頼には関係ない ただ運の悪い船だ 放っておけ』

そこにはサンジが見習いとして乗っていたオービット号。

サンジ「えぐ」

レイジュ「”あの船”に乗りなさい!! サンジ!!」

「……男がいつまでも泣くんじゃないの!!」

レイジュ「いい!? 2度とここへ戻っちゃダメよ!!!」

サンジ「う”ん……!!」

レイジュ「海は広い…いつか」

「必ず優しい人達に会えるから!!!」

レイジュの目からボロっと涙があふれていく。

レイジュ「走れ!!! 振り返るな!!!」

駆け出すサンジ「うわあああああ!!!」

 

【回想終わり】

サンジ「………」

ボコボコにされ、昔のように立ち去る3人の背中を見ているサンジ。

レイジュ「どきなさい!!」

医師「……レイジュ様 これからすぐに手当てを」

レイジュ「いいからどけっつってんのよ!!!」

「……まったく これが今から婚約者(フィアンセ)に合わせる顔?」

「……働いてたレストランのオーナー一人見捨てればそれで済んだ話……!! ──なぜ戻ったの?」

「2度と……思い出したくもない場所へ……サンジ……」

 

【誘惑の森】

ルフィvsクラッカー 戦闘開始より11時間──

ルフィ「ゼェゼェて ぶへ…も……もう腹いっぱいだよ!!!」

クラッカー「誰が食えと言ったァ!!!」

ルフィ「ビスケットは食いもんだろうが!!!」

クラッカー「ハアーハァ…おれのビスケット兵を食い散らしやがって!!!」

「戦っては逃げ…!! 逃げては食い…!! お前との戦闘はもうウンザリだ!!」

 

キング「クラッカー様…!!」

ナミ「ホントに無限なの!? あいつのビスケット」

ルフィ「でもあいつの体力には 限界が来る!!」

クラッカー「お前にもな!!! いいだろうパンクするまで食え!!」

「そしたら仲間にも諦めがつくだろう」

ルフィ「来てみろ! 全部食ってやる!! こんな所でおれは倒れねェ!! サンジを連れて帰るんだ!!」

 

841話、終了

 

感想や考察など

 

サンジの料理は母親の影響

サンジがコックになろうと思ったのは、幼い頃に病気で死んだ「母親」の影響でした。

兄弟にのけ者にされていた中、母親がサンジの料理で笑顔になってくれたのが嬉しかったようです。

haha

レイジュにそっくりすぎ!!

父に内緒で病院には来ていましたが、その後のやり取りを見ると父にはバレたっぽい。

insi1

そして母親のまゆ毛を見ると、子供たちの特徴である「ぐる眉」が見当たりません。

母親:片目が隠れる

父親ジャッジ:ぐる眉

を受け継いでるんでしょうか。

もしくは血統因子の影響でぐる眉になってるかどうか。

 

東の海を登れたのは巨大電伝虫のおかげ

ブルックが驚いていた、北の海から東の海への大移動。

haha3

これはジェルマの土地になる巨大電伝虫のおかげらしい。

レッドラインを渡るときは、「船を乗り捨てて」行くのが普通ですが、この電伝虫は大陸を登れるようです。

巨大化した電伝虫は初ですが、ジャッジはすでに「巨大化」のやり方を発見しているんでしょうか?

haha2

人体の巨大化はまだですが、動物の巨大化には成功しているかも?

ビッグマムに閉じ込められたシーザーが、ジャッジのアドバイスで巨大化を実現させるかもしれません。

成功したら、カポネ当たりが巨大化した城になりそうな気がする。

 

ルフィはクラッカーを食って攻略

ビスビスの実のビスケット人間クラッカーを、ルフィはなんと食って攻略。 (その手があったか(;゚Д゚))

クラッカーの体力vsルフィの胃袋と言う対決になってます。

これが通用するなら、ホールケーキアイランドはほとんど食って攻略できるような気が・・・

とりあえずクラッカー相手では、ルフィの胃袋なら負ける気がしません!

 

さすがに将星全員相手は厳しいだろうけど、ルフィがもし巨大化したら行けそうな気がする。

ビッグマム編はスリラーバークに似てるんですが、ナイトメアルフィになったように、

haha4

ビッグマム編でもルフィの変身、ありそうな気がするんですよね~

ジェルマは戦隊ものだし、最後には巨大化した者同士、戦いそうな予感。

 

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑