レイジュ、イチジ、ニジ、サンジ、ヨンジ一番強いのはアイツ?

公開日: 

サンジの兄弟はレイジュ、イチジ、ニジ、ヨンジの合わせて5人。

イチジ、ニジ、サンジ、ヨンジは同じ日に生まれ、年も誕生日も同じです。(3月2日)

サンジ以外は血統因子で強化された、戦うための超人ですが、個々の強さも少しずつ分かってきました。

恐らく一番強いのは、、やっぱりアイツ?

Sponsored Link

 

レイジュ、イチジ、ニジ、サンジ、ヨンジ

レイジュ

jajji1

ナンバー0:長女:ポイズンピンク

 

イチジ

jajji4

ナンバー1:長男:スパーキングレッド

 

ニジ

jajji3

ナンバー2:次男:イナズマブルー

 

サンジ

hikikae6

ナンバー3:三男:??イエロー

 

ヨンジ

jajji2

ナンバー4:四男:ウインチグリーン

 

幼少期の成績

5人は将来のジェルマを背負っていくために、幼少期から厳しい訓練を受けます。

その時の訓練の様子がこれ。

itiji6

reiju3

reiju4

itiji7

よくよく見ると、常にトップにいるのはイチジ、同じか2番目にレイジュ、ニジとヨンジがほぼ同着、大きく遅れてサンジと言う感じです。

これを見ると能力の才能としては、

イチジ・レイジュ>>ニジ・ヨンジ>>>>>>サンジ

と考えて、ほぼ間違いないでしょう。

 

しかしここで注目してほしいのはレイジュ

どのシーンも表情を見るとひょうひょうとしており、まだまだ余裕がありそうに見えます。

みんなダバダバダッシュをしている時も、レイジュだけは一足飛びです。

Sponsored Link

↓ダバダバダッシュ

minku3

ひょっとしてレイジュ、実はまだまだ余裕があるのでは?

サンジがいじめられている時も、一歩引いてみている時が多かったですが、実はまだ力を隠しているのかもしれません。

 

そして気になるのは、「レイジュ」だけが、なぜか「特別扱い」されていると言うことです。

↓同じ日に生まれたのは「4人」、つまりレイジュだけは先に生まれていると言うこと。

itiji3

↓科学者も順調なのは「イチジ、ニジ、ヨンジ」だと話しており、レイジュの名前がありません。

itiji8

これはつまり、レイジュは優等生で当然と言うことなんだろうか?

それともレイジュはすでに性能を確認済みなんだろうか?

なぞ多きレイジュの正体。

一体どういう事なんだろう?

 

あれから13年、サンジが急成長

サンジが生き別れてから13年、落ちこぼれだったサンジですが、ゼフの特訓やカマバッカの地獄を経て急成長。

久しぶりに戦った戦闘では、ヨンジ、ニジを圧倒します。

itiji2

itiji5

ニジには人質を取られていたので負けましたが、サンジの実力はすでに2人を超えていると見てもいいかと。

父親のジャッジとも対決していますが、ここでも卑劣な手を使ったジャッジにサンジが戦意を喪失、1対1の勝負では分かりませんでした。

itiji4

恐らくサンジはタイマンの対決では、ニジとヨンジ、下手したらジャッジの強さも超えているかもしれません。

しかし問題は子供のころから「優等生」だった、イチジとレイジュですね。

 

一番強いのは「イチジ」か?「レイジュ」か?

実力はまだまだ未知数のこの2人。

しかしサンジの姉弟の中でも、間違いなく「別格」で一番強いのはこの2人のどちらかでしょう。

 

ここから先は予想になるんですが、恐らくレイジュは、イチジ、ニジ、サンジ、ヨンジの前に作られた「プロトタイプ」

血統因子の試作として作られたんじゃないでしょうか。

しかし「感情」を持つやさしい子になってしまい、ジャッジとしては失敗作。

感情を持たない戦士である、イチジ、ニジ、ヨンジがジャッジにとっての成功だと思われます。

 

だとすれば、一番強いのはこの中でトップの「イチジ」のような気がする。

イチジとレイジュは考え方も違ってそうですが、この2人の対決、いずれありそうな予感がする。

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑