ビッグマムが巨人族を嫌いな理由。夢やソルソルの実が関係?

公開日: 

ビッグマムの島にはいろんな種族がいるけれど、どうも巨人族だけはいないらしい。

ジャッジがそれに突っ込んだら、いきなり「ギロッ」とにらまれたけど、あの表情にはどんな意味があるんでしょう?

そしてわざわざ「いない」のではなく、「偶然みなかったんだねぇ」と、ごまかしていたのも気になる。

Sponsored Link

 

巨人族が嫌い?なビッグマム

本の中からいろんな珍獣を自慢するビッグマム。

この島にはビッグマムが結婚して血縁を結ぶことにより、いろんな種族が住んでいますが、それだけじゃなく珍獣までも集めているようです。

しかし多種多様な種族が住み、珍獣まで集めているのに、「巨人族」だけがこの国にはいないらしい。

それに突っ込むヴィンスモーク家のジャッジですが、ビッグマムはそれをにらみつけます。

mamubi

「偶然見なかったんだねぇ」と、さも巨人族もこの島にいるような言い方をしていますが、本当はこの島に巨人族はいなさそうですね。

いろんな種族を集めることにこだわるビッグマムが、なぜ「巨人族」だけこの国に住まわせていないんでしょうか?

何か嫌っている理由があるのか?

 

夢の食卓には邪魔だから?

ビッグマムの夢と言えば、世界中の「全種族が差別なく暮らせる」国を作る事。

そしていろんな種族が「同じ目線で食卓を囲む」ことですね。

juman3

ビッグマムのイメージでは、このような感じで食卓を囲んでますが、ここに巨人族が入るのは無理がありそうです。

巨人族の大きさは、ハイルディンだと大体このくらい、

uso

しかしビッグマムはと言うと、せいぜいこの程度。

mamubi1

ビッグマムが思い描いていた食卓の絵が実現しないどころか、テーブルやイスすら座る事は不可能でしょう。

ビッグマムが思い描く食卓の「夢」の実現に邪魔だから、あえて巨人族を住ませていないんでしょうか?

 

たくさん「食い過ぎる」から?

Sponsored Link

ビッグマムはこの国で見ている限り、「食」に関してものすごく執着心が強いです。

魚人島では財宝よりも甘いお菓子を選び、また食いわずらいと言う癇癪持ちであることも判明。

mamubi4

食べたい気持ちが全開のビッグマムな訳ですが、巨人族の食欲はどれくらいあるんでしょうか?

過去にリトルガーデンで登場したドリーとブロギーが食っていたのは、島を埋め尽くすほどの巨大な恐竜。

ひょっとすると巨人族の胃袋は、というか普通に考えて、巨人族の胃袋は大量の食事を必要とするはずです。

ビッグマムがあえて巨人族を住まわせていないのは、ビッグマムのお菓子どころか国中の食料を食いつくすほど、大量の食事が必要になるからかもしれません。

ルフィもかなりの大食いなので、マムに知れたら怒りを買うかも…ww

 

「ソルソルの実」の力に関係している?

ビッグマムはこのホールケーキアイランドに住んでいる住民に対し、ソルソルの実の能力で半年に一度「生命」の回収を行っていました。

mamubi3

半年に一度ビッグマムに対し自分の「寿命」を支払う事で、この国にいる事ができるらしい。

自分の命を払う事で、ビッグマムに守ってもらっていると言うところでしょうか。

そう言えば巨人族の寿命は、体の大きさに見合うだけあり、普通の人間の3倍らしい。

 

と言うことは巨人族の「ソウル」も、それだけたくさんの容量がある事になる??

そう言えばソルソルの実の能力と似ていた、カゲカゲの実の能力者のゲッコー・モリアは、吸収した影があまりにも大きすぎたため、最後に自分から吐き出してましたね。

mamubi2

ひょっとしたらあまりにも大きすぎるソウルの場合は、ビッグマムの体が持たなくなってしまうのでは?

巨人族のような長生きの種族は、ソウルも多くの容量を必要とするのかも。

もしくは長生きする巨人族に、自分よりも長生きされることが、ビッグマムには耐えられないのかもしれません。

 

いろいろ話はそれましたが、ビッグマムが巨人族を嫌う理由は、

「デカくて邪魔!」

「大飯ぐらいで邪魔!」

「寿命が長すぎ!」

こんな感じの理由なんじゃないかなと思います。

破断したローラの結婚相手の可能性もありますが、こっちは違うような気がしますね。

ローラの政略結婚の相手は光月おでん様?古代兵器復活が目的?

 

Sponsored Link

Comment

  1. 匿名 より:

    昔因縁ができたって確定済み

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑