2016年ワンピースを総括。ベストシーン・連載数・コミック売上など振り返る。

公開日: 

2016年も間もなく終わりですね。

今年もワンピースはいろんな展開を迎えたわけですが、今年の初めから終わりに至るまで、どんな感じで進んでいったのか振り返ってみたいと思います。

連載数はいくつくらいだったのか?

コミック売上は何万部だったのか?

あとは個人的なベストシーンについてなどなど。

Sponsored Link

 

2016年のワンピースの連載数

2016年のワンピースは、

・812話「カポネ・ギャング・ベッジ」~850話「一筋の光」まで

・連載数:38話

2015年のジャンフェスで尾田先生が、「2016年はサンジの年になります!」と話してましたが、まさに「サンジに始まりサンジに終わる」展開となりました。

回想でカポネが登場し、サンジ連れ去り、

dazu1

ゾウではポーネグリフやロジャーたちの秘密が明らかに、

kyaro1

サンジ救出のためホールケーキアイランドへ出発

mina3

ホールケーキアイランドでは三将星のクラッカーと対決

syanku4

ジェルマ時代のサンジの過去編

insi5

サンジとルフィの決別、そしてプリンの裏切り、

sapu

と言う大まかな流れですね。

休載も結構多かったですが、38話と言う連載数は、2015年と全く同じでした。

ほぼほぼサンジの結婚中心の話で展開し、ドレスローザ編では1年半出番のなかったサンジ、ナミ、チョッパー、ブルックらが活躍。

逆にゾロ、ウソップ、ロビン、フランキー、ローたちは、出番が少なめでした。

このペースで2017年も38話すすむとすると、来年は888話当たりまで進むことになりそうですが、ゾロたちの出番は来年末くらいからでしょうか。

サンジ奪還編が半分を過ぎているとのことなので、恐らく870話当たりまででサンジ奪還編が完了、その後世界会議が始まり、ワノ国編に突入するのは年末くらいだと思われます。

 

映画「ワンピースフィルムゴールド」公開

また今年は夏に映画「ワンピースフィルムゴールド」が、前作の「フィルムゼット」に続き4年ぶりに公開されました。

2016年は「君の名は。」「シン・ゴジラ」など、ヒット作が連発しましたが、フィルムゴールドはその中で年間8位の興行成績となる52億円を突破。

2016年映画興行収入ランキング

1位 213億円 君の名は 2016/08/26公開
2位 116億円 スター・ウォーズ フォースの覚醒 2015/12/18公開
3位 81億円 シン・ゴジラ 2016/07/29公開
4位 76億円 ズートピア 2016/04/23公開
5位 68億円 ファインディング・ドリー 2016/07/16公開
6位 63億円 名探偵コナン 純黒の悪夢 2016/04/16公開
7位 55億円 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! 2015/12/19公開
8位 52億円 ONE PIECE FILM GOLD 2016/07/23公開

コナンに負けてしまったのは少々残念ですが、、ワンピースの歴代映画の中ではフィルムゼットの68億7000万円に次ぐ、2位と言う成績になりました。

次回はまた3年後か4年後ですかね、、待ち遠しいです。

ちなみにDVDは、12月28日から販売が開始されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Sponsored Link

ONE PIECE FILM GOLD DVD スタンダード・エディション[DVD]【ワンピース】
価格:4104円(税込、送料別) (2016/12/30時点)

 

ネットの動画だと、現在「U-NEXT」で配信中です。

月額有料サイトですが、登録から31日間以内に解約すればお金はかからず。

フィルムゴールド(540ポイント)分も、登録時にもらえる600ポイントでまかなえるので、完全無料です。

5分ほどの登録のあと、PCやスマホですぐに観れるので、サクッと見たい場合はここからどうぞ。

UNEXT公式サイト↓

 

2016年のワンピースコミック売上部数

2016年のワンピースコミック売上部数は、1231.4万部となりました。

シリーズ別の売り上げ

1位 ワンピース 1231.4万部
2位 暗殺教室 688.7万部
3位 キングダム 659.5万部
4位 ハイキュー!! 647.4万部
5位 僕のヒーローアカデミア 511.4万部

コミック単独の売り上げ

1位 ワンピース80巻 298.1万部
2位 ワンピース81巻 269.6万部
3位 ワンピース82巻 253.2万部
4位 ワンピース83巻 228.7万部
5位 ハンターハンター33巻 127.2万部

コミックは今年もワンピース1強で、圧巻の強さを見せつけた感じになります。

昨年の売上部数は1410万部だったので、部数としてはやや下がっていますが、他のタイトルも軒並み下がっており、むしろワンピースはよく粘ったと言う印象。

80巻が昨年12月28日、81巻4月4日、82巻7月4日、83巻11月4日発売され、2016年は3冊のコミックがリリースされました。

年明けは2月3日に、84巻が発売される予定です。

→ ワンピース最新刊84巻の発売日は2月3日!内容や表紙予想など。

 

2016年のベストシーン

2016年にワンピースで公開された、印象に残った場面を独断と偏見ですが選びたいと思います。

 

3位:「雷ぞう殿はご無事です」

mina1

ずっと雷ぞうはいないと言い張っていたミンク族が、実は雷ぞうをかくまっていた事を告白するシーン。

ミンクは正直者の被害者と思っていましたが、実は最初から嘘をついていたと言う展開。

イヌアラシは足、ネコマムシは腕を切り落とされているだけに、 衝撃が大きかったですね。

にしても、なんでジャック達は雷ぞうを探していたのかが未だに謎です。

 

2位:プリンの裏切り

mina

本来ならここには、サンジとプリンの「結婚しよう…」がランクインするはずでした。

が、最後の大逆転的な展開でこちらが2位へ。

衝撃のでかさなら1位かもしれません。

ますますクソ女っぷりがエスカレートしていくプリンが、これからどうなるのか見もの。

 

1位:お前がいねぇと!俺は海賊王になれねぇ!

mina2

個人的な今年の1位は、ルフィの「お前がいねぇと!俺は海賊王になれねぇ!」のシーン。

その前のルフィvsサンジ、お前の作った飯しか食わねぇ!から胸が痛く、最後のこの言葉がとどめでした。

ルフィがその後、子供がダダこねるように動かないのも胸熱、それを見てお姉さん顔するナミさんも胸熱。

ジェルマ、プリンと味方がいなくなったサンジですが、現在サンジを信じてくれているのはルフィ達のみ。

サンジの頭の中は今、ルフィのこの言葉がよみがえっている気がする。

 

2015年はギア4やカイドウ登場など迫力ある展開が多かったですが、2016年は悲しみに暮れる展開が多かった印象です。(ほぼサンジ)

今人気投票来たら、サンジ1位になりそう。

しかしこうなってくると、ワノ国編ではゾロが同じようにスポットライト当てられそうな気がして楽しみです。

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑