ワンピースネタバレ852話の確定と感想。「ジェルマの失敗作」考察など

公開日: 

ワンピースネタバレ852話の確定と感想。「ジェルマの失敗作」

 

扉絵は「KAWAII」というタイトルで、画家のロビンがチョッパーの絵を出展しているところ。

 

ホールケーキ城内「医務室」

医者「何と言う固い皮膚と回復力…これがジェルマの改造人間か。安静にしていれば明日のお茶会には出席できるようになるだろう。一夜の看病とヴィンスモーク家に報告を、、では私は4階の医務室へ…」

兵士「はっ!ご苦労様です、お気をつけて」

そのやり取りを物陰から見ているサンジ。

レイジュ「…」

しばらくすると目を覚まし、起き上がろうとするレイジュ。

レイジュ「サンジ…ウッ…」

サンジ「……おう…」

レイジュ「私…足を……城内を歩き回ってたら、侵入者に騒ぐ兵士に遭遇して、、、巻き込まれたっけ…?」

傍らには縛られている兵士「…」

サンジ「しっくりこねぇんだろ。記憶をすり替えられてる」

レイジュ「え??」

サンジ「起きた事を…話してやるよ…」

 

一方、囚人図書室

火だるまになった囚人が次々に本から飛び出していく・

「ぎゃああああ」

「熱ぃ~~~!!」

ジンベエ「急げ!ルフィ!ナミ!」

ルフィ「うぉーーーー!!」

そこにジンベエがバケツの水をぶっかける。

ルフィ「ぷはーーー!助かったーーーー!!」

ナミ「ハァ…ハァ…何か昔もこんな目に遭った気が…」

ジンベエ「すまんな、モンドールの本は燃やすことだけが唯一の脱出手段」

ルフィ「しししし!腕ちぎらずにすんだよ!ありがとう!」

ジンベエ「わしらが初めて会ったのもどこぞの牢獄じゃったのう…見ろ!お前たちと同じ本にこれだけの囚人たちが…本の世界は想像力の広さ、無限じゃ。ビッグマムには優秀な部下が多い!」

ジンベエの後ろにはこそこそと動く影。

ナミ「ありがとうジンベエ!でもなんでこの島に?」

ジンベエ「ああ、わしの率いるタイヨウの海賊団も、ビッグマムの傘下に入っとるからじゃ」

ナミ「!?」

ルフィ「え~~~~っ!?」

ナミ「でも…これ…じゃあ…」

ジンベエ「ああ謀反じゃな、もう引き返せん!ワッハッハッハ!」

ナミ「魚人島で言ってた、まだ「立場」があるって…」

ジンベエ「今捨てたわい(笑)」

「囚人図書館から悲鳴との報告!何事だ!!」

ジンベエ「さすがに手が速い、まずは奴らの目の届かぬ場所に身を隠さねば!」

ルフィ「うおー…なんか一気に…ハラへった……」

ジンベエ「こんな事態でも腹が!?」

ルフィ「いいんだ…別に何も食いてぇなんて言ってねぇ!!」

サンジとの「おれはお前の作った飯しか食わねぇ!」を思い出すルフィ。

ルフィ「とにかくジンベエ、、ありがとな!」

ジンベエ「!?」

ルフィ「事態は最悪なんだ!おれ達も…サンジもダマされてたんだ!!教えてやんねぇと…!ナミを頼んだぞ!ジンベエ!!」

ナミ「え!?」

そう言い残してどこかに飛んでいくルフィ。

ドカァン!!

「わーーーーー!!」

「キャーーーーー!!」

ジンベエ「ルフィ待て!城内は強敵だらけじゃ!!」

ナミ「ルフィ、今朝どんな目に遭ったか忘れたの!?」

 

一方、医務室

サンジ「信じるのか…?」

レイジュ「もちろん、あなたは私をだまさない…でもそこまでとは…、、プリン…あまりにいい娘過ぎて、嗅ぎまわってたの…」

サンジ「…結婚せずおれ達を殺す気なら…。おれが結婚すりゃルフィ達も助けてくれるなんて…そんなもの成立しねぇじゃねぇか!おれ一人が犠牲になれば丸く収まると思ってた…!とんだ幻想だった…!」

レイジュ「さすがの父も…少々驕ったわね…だけどこっちにはいい機会だわ…」

サンジ「!?」

レイジュ「ジェルマはこのまま滅ぶべきだと思う」

サンジ「??」

レイジュ「このまま気づいていないふりをして、、ビッグマムの計画通りに…」

サンジ「何言ってんだ!お前も死ぬんだぞレイジュ!?」

レイジュ「へぇ…私の心配してくれてるの?…最後の思い出ってやっかいね……昔の手助けくらいで恩なんか感じないで」

サンジ「…」

レイジュ「あなたは麦わらたちと、逃げなさいサンジ」

サンジ「あァ?そんな事…たとえできても…バラティエはどうなる!?」

レイジュ「それは逃げられてから考えればいい事、ここにいたらみんな死ぬわ、、私には忘れられない記憶があるの…父と母の大ゲンカ、その意味はあとではっきりわかった」

サンジ「!?」

レイジュ「母さんは生まれてくるあなた達4人を、無感情のマシーンにすることに猛反対していたの」

サンジ「……!」

回想:サンジの母「やめて!私の子たちよ!心を失ったらそんなの人間じゃない!!」

回想:ジャッジ「怪物でいいんだ、戦争にさえ勝てればな!我が子にこそその最たる力を与える!!」

レイジュ「結局手術は強行に施され…でも母さんは父の野望を阻止するために、薬を飲んだ…。操作された血統因子に影響を及ぼす程の劇薬を…!」

サンジ「……え!?」

回想:ジャッジ「おい!何をしてる!ソラ!!」

レイジュ「…だけどその甲斐もなく、弟たちの体には次々と人間を超える異常が見つかった」

回想:ジャッジ「いいぞ!」

回想:研究員「成功です!国王様、ご安心を!薬などで体の設計図を変えられましょうか!……いやしかし、、おかしいですな…サンジ様だけ…」

「そんなハズはない、もう少し、、成長を待ちましょう……!サンジさまが動物にエサを??あってはならない感情だ」

サンジ「……」

レイジュ「一方、母は薬の後遺症でみるみる衰弱していき…」

サンジ「!?」

回想:ソラ「レイジュ、サンジがね、私にお弁当を作ってくれたの!!」

レイジュ「あなたはどんどん、人間として成長していった」

サンジ「…!…じゃあおれのせいであの人は命を……」

レイジュ「そんな風に考えないで!母さんは心から嬉しそうだった、、何一つ後悔なんてない!」

Sponsored Link

回想:ソラ「ねー今日サンジがなんて言ってくれたと思う?」

回想:レイジュ「?」

回想:ソラ「早く治ってねって…!うおーーん世界一いい子!」

レイジュ「…だけど父はそれを許さなかった…起きたことすべてをあなたのせいにして、つらく当たるようになった」

「あなたが失敗作なはずがない。母さんの命がけの抵抗で守られた感情を持って生まれてきた子。それがあなた…サンジ!」

サンジ「…!」

レイジュ「だからあなたは…誰よりも優しいのよ!!」

涙を流すレイジュ。

サンジ「……」

 

一方、城内

兵士「どっちへ行った!?」

「地下囚人図書室より、1Fはもう通過した模様」

「2Fへ回れ!!」

兵士の首を絞めるルフィ「こんにゃろ言えーーーー!!」

兵士「ぐえーーーー!」

ルフィ「サンジはどこだぁ!!」

 

宝物庫の扉の前

スムージー「また新たに問題が!?」

兵士「ジンベエ親分が城内で…」

スムージー「まさか謀反か……!全兵に知らせろ」

兵士「はい?」

スムージー「気分屋のママの耳にこれ以上の不祥事を報告すれば、明日の計画に支障が出る」

兵士「確かに」

スムージー「失敗したらどうなる?」

兵士「か……考えたくもありません!」

スムージー「ここは4F!この階への通路を封鎖し、3F以下で速やかに対処しろ」

兵士「なるほど分かりました!では捕獲より殺すのが一番確実かと!」

スムージー「構わぬ、私が許可する!」

兵士「はっ!!」

 

一方、医務室

レイジュ「ジェルマを捨てて逃げなさいサンジ!ジェルマは過去の栄光にすがりつくただの破壊者!この世に不必要な存在よ!!ビッグマムが欲しいのは、私たちの科学力」

サンジ「…」

レイジュ「あなたの恩人たちの命にも興味はないはず、海上レストランを人質のように振りかざす、父も兄弟も明日には殺される!当然の報いよ、人殺しの集団だもの!」

サンジ「……!おれだって…あいつらには恨みしかねぇが…お前までなぜ死ぬんだ…!?」

レイジュ「私にも情は残ってるけど…父の命令に逆らえない様に改造された共犯者、、手は汚れてる…死ぬべきよ」

「…言い忘れてたけど、そのブレスレッド」

サンジ「!」

レイジュ「爆発なんてしないわ、私がすり替えておいたから」

サンジ「え…」

レイジュ「島を出られない理由は他には!?」

サンジ「……!!」

レイジュ「しっかりしなさい!サンジ!!」

サンジ「!!」

レイジュ「大切なものをよく見て」

兵士「大臣たちを呼べー!!麦わらが脱獄したぁ!!」

レイジュ「あんな素敵な奴ら、もう一生出会えないわよ!!」

サンジ「……!!」

突き進むルフィ「どけーーーーー!!」

 

…大切なもののもとへーー!!

852話、ここで終了。次号休載

 

感想や考察など

 

サンジの母の名前が「ソラ」これは・・・?

サンジの母親は生まれてくる4人の子供の感情を守るため、薬を飲んでいたことが判明。

その結果3人は感情を持ちませんでしたが、サンジだけは違ったのでした。

そしてサンジの母親の名前が判明し、「ソラ」だと判明。

これは「世経の絵物語」に登場した、「海軍の英雄」の名前と同じですね。

sora

この図はまるでジャッジと戦っていた、サンジの母親と同じようなイメージ。

ジャッジ=ジェルマ、サンジの母親=海軍、と言う図式ですが。

ひょっとして「世経の絵物語」を書いた人物は、ソラとジャッジのやり取りを見ていた人物??

ジェルマから新聞記者に移った人間がいるのかもしれません。

 

ナミ「何か昔もこんな目に遭った気が…」←??

モンドールの本の中に捕らえられていたルフィとナミ。

しかし「燃やす」ことにより、本の牢屋から脱出する事ができたのでした。

それにしてもナミが「何か昔もこんな目に遭った気が…」と言ってますが、こんなシーンありましたっけ??

似たようなシチュエーションと言えば、Mr3のろうからウソップに助けてもらったところくらい?

sora2

似てるかどうか微妙なんですが、ひょっとしたら別のシーンだったかもしれません。

 

有能すぎるレイジュ姉さん

サンジが感情を持って生まれた理由は、母親の命がけの行動があったからなのでした。

そしてそれを見ていたレイジュ、過去にサンジを助けようとしていた理由が分かりましたね。

それにしてもここ数話、サンジやその周囲で胸熱な展開が続きます…

最初につけていた腕輪も、レイジュが気をきかせてすり替えていた偽物だったと判明。

reiju10

どうやら最初から、サンジの味方になっていたようです。

脱出の手助けをしてくれたのは、少年時代のあの時と同じ。

sora1

サンジは今回もレイジュに助けられるのか??

それとも助けられるだけじゃ終わらない??

今度はサンジが男気を見せてくれる展開になりそうな気がする。

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑