ワンピースネタバレ863話の確定「義侠派」。感想や考察など。

公開日:  最終更新日:2017/04/22

ワンピースネタバレ863話 確定「義侠派」

 

【約三時間半前・・・ベッジのアジト】

カポネ「鏡を?ウエディングケーキの中に!?」

ルフィ「中に鏡を入れといてくれたらよ!鏡の世界からケーキの中にどーんと飛び出せるだろ!!そしたら甘ぇし面白ぇし!あははは」

ブリュレ「バカ言ってんじゃないよ!ウエディングケーキを壊す気かい!?ママがそれをどれほど楽しみにしているかお前ら知らねぇから!!」

ルフィ「お前、森でナミたちを増やしたよな!」

ブリュレ「!?」

チョッパー「ああ!ブリュレは鏡に映した誰かを誰かに投影できるんだ!」

ブリュレ「それが何だってのよ!?」

大量の動物をルフィが捕まえてくる。

ルフィ「ぜぇ…ぜぇ捕まえてきた!」

「ニャアーーー!キーキー!」

ルフィ「こいつら全員おれにしてくれ!」

ブリュレ「えーーーっ!?」

そこから先ほどのカポネと手下の会話へ。

(終わったか?)

(下ごしらえは滞りなく・・・!)

 

【結婚式会場】

「ケーキから!人が飛び出してきたーーー!!」

ビッグマム「・・・・・・・・・!!」

ル・フェルド「これはすごい演出やねん!!」

モルガンズ「違う!ル・フェルド!これはビッグニュース!あいつは最悪の世代の海賊!麦わらのルフィだ!!」

ルフィ「ニ”ャー!!ガルルル!!」

モルガンズ「なぜここに!?なぜ何人もいる!?」

「逃げろー!ケーキが倒れるぞー!何なんだこいつらー!!」

サンジ「・・・・・・!プリンちゃんしっかり!」

サンジがプリンを抱いて倒れるケーキから飛び出す。

サンジ「始まった・・・!一瞬の勝負だ!頼むぞルフィ!!」

スムージー「麦わらのルフィ達は囚人図書室で死んだのではなかったのか!!モンドール!!」

モンドール「・・・・・・!やっぱりウソだったか、保身に走りやがって、オペラの兄貴!!」

ビッグマム「・・・・・・!麦わらのルフィだってェ~~!??あの野郎・・・!!」

動物ルフィ「ガルル」

ビッグマム「ケーキが・・・・・・ケーキが・・・・・・!!ガクガク」

「楽しみにしてたんだ・・・」

料理長「ママ気を確かに!お気持ちは察しますが」

コック「料理長お逃げに!ママの様子が変です!」

ビッグマム「新しいケーキを持って来いよ・・・」

シェフ「無茶な!」

ビッグマム「ライフ!?オア ウエディングケーキ!?」

シェフ「!?」

はしゃいで写真を撮りまくるモルガンズ。

「魂への言葉(ソウル・ボーカス)だ!寿命を取られるぞ!スクープだ!人間が持つ生への執着に話しかける!わずかでも死を恐れたら・・・見ろ!出た!」

コック「ヒー!!

逃げる料理人の魂が次々と引き抜かれていく。

ブチィッ!!

「冗談じゃねぇぞぉ~~~~!!(怒)」

 

【鏡の世界】

次々に動物ルフィを鏡に押し込むジンベエたち。

「行け行けー!」

「外でビッグマムが怒ってるぞ!」

「こちも半分やけだな・・・!会場は想像以上に混乱してる!」

ジンベエ「全員行ったか!?」

ペドロ「このルフィが最後だ!」

ブリュレ「覚えてろ!うお~~ん」

ジンベエ「わしらも行くぞペドロ!!」

ペドロ「おう!ルフィの援護だ!!」

ナミ「私たちもよ!サンジ君の援護に!」

キャロット「うん!耳栓持ったよ!」

チョッパー「サンジの家族の救助だな!」

ナミ「後は頼んだわよ!人間のクズ!」

シーザー「!」

キャロット「そんなにダメな人なの!?」

チョッパー「最低なんだあいつ!」

1人残されたシーザーが泣いている。

シーザー「・・・・・・!ひっく・・・ひっく・・・」

 

【お茶会会場】

ビッグマム「おれの楽しみを奪う奴らは全員寿命を奪ってやる!!」

(モンキー・D・ルフィ・・・!覚えたからね!)

ビッグマム「どいつだ!?麦わらは!!」

囚人図書室での会話を思い出す。

(来な!新世界へ)

(海賊王になってねぇのがお前だろ!)

(・・・もう一度ケンカ売ってやる!)

(四皇だからって、ふんぞり返ってんじゃねぇ!)

(サンジは必ず取り返す!最後に勝つのは・・・・・・!おれたちだ!!)

ドシャァァン!

「ケーキが倒れたぁ~~!」

ビッグマム「どれが麦わらのルフィだい~~!?よくもウエディングケーキをぉ~~!!」

カポネ(フン・・・バカか、攪乱作戦で返事なんかするか!そもそも正面から来る分けねぇだろう)

ルフィ「おれだぁ~~!!」

口いっぱいにケーキを詰めたルフィが手を上げる。

ショックで顔が引きつるカポネ。

ビッグマム「ひねり潰す!!」

客「うわー!」

「ケーキまみれ!」

「麦わらの群れ~~!」

ルフィ「あれだな写真立て!簡単だ!!」

カポネ(ヴィト、ゴッティ、ランチャーの準備はいいな)

ヴィト「ええ、いつでも飛び出せます、ファーザー」

 

【ケーキ内部】

ケーキ内で待機しているナミ、ケーキをもすもすと食べてるチョッパーとキャロット。

ナミ「ルフィが写真を割ったら、3秒で突入するから真面目にやってね」

チョパ&キャロ「うん!!」

 

ビッグマム「ゼウス!!」

ゼウス「ヘイ!ママ!」バリバリ

ビッグマム「プロメテウス!!」

プロメテウス「ハイママ!」ゴォォ

ルフィ「ゴムゴ・・・!!」

大きな塊がルフィに命中し、手足を捕えられる。

「!!!・・・・・・!?ぶへ!!」

カタクリ「本物はコイツだ!その他はブリュレの能力によって姿を変えられた島の動物たち!気に留めるな!」

Sponsored Link

マムの子供?「そうか!ブリュレ・・・・・・!?じゃあ・・・!」

ルフィ「なんだコレ!手足が埋まって・・・!抜けねぇ!何の能力だ!?」

ビッグマム「カタクリィ、手助けのつもりか!?息子の分際で出過ぎたマネは・・・!」

カタクリ「・・・違う!ママ!コイツの狙いはマザー・カルメルの写真だった」」

ビッグマム「!!?」

カタクリ「・・・それが重要だと・・・・・・なぜ知ってる?それを知るのは身内のみのはず!吐け!誰に聞いた!!」

ルフィ「うわああああ」

カポネ(・・・・・・!くそ・・・作戦が止まった、とにかく写真を割るんだ・・・!)

ペドロ「ルフィ!」

ジンベエ「任せいペドロ!!」

ペドロ「!」

ジンベエ「紅茶一本背負い!」

カタクリ「・・・・・・いちいちおれの解説をするな・・・」

ジンベエの投げた紅茶が足に命中し、モチが解けてルフィが投げ出される。

ルフィ「わ!!」

ジンベエ「カタクリは自然系モチモチの実の能力者、水気がありゃあ逃れられるが触れぬことじゃ」

ビッグマム「ジンベエ!?」

「ジンベエ親分だぁ!!」

ジンベエ「マザー・カルメルの話をルフィにしたのはわしじゃ、傘下におったら噂くらい聞くのでな」

カポネ「・・・・・・」

ビッグマム「おめぇ脱退は諦めたよな・・・だがケーキ壊しの犯人をかばったな!?これは完全に謀反ととっていいんだな!?」

ジンベエ「ぜひそう受け取ってもらおう、ここをやめて麦わらの一味にわしは入りたい!」

ルフィ「え!?」

モルガンズ「何と言うビッグニュース!元七武海ジンベエが!?麦わらの一味に!!」

ビッグマム「やめたその後は好きにしやがれ。だがここを抜ける事への、落とし前は付けてもらうよ!おめぇも恥を背負って生きたかねぇだろ!!?」」

ジンベエ「ああ・・・他の誰にも手を出さんと約束するなら、あんたが取れるだけのわしの寿命を差し出そう!」

ルフィ「!?おい何言ってんだジンベエ!死んだら仲間になれねぇよ!」

ビッグマム「寿命は大好物さ!なるほど・・・嫌われたもんだね。いたくもねぇ場所にいるくらいなら死を選ぶか・・・同情はしねぇぞ!それで手を打とうか愚か者!!」

「Stay(ステイ)? オア Life(ライフ)?」

ジンベエ「ライフじゃ!」

モルガンズ「まさかここでジンベエが」

ビッグマム「?」

客「!?」

ビッグマム「ステイ!オア!ライフ!!」

ゴゴゴゴ・・・

しーん・・・

「?」

ビッグマムの子供たち「まさか・・・!魂が出てこねぇ!ウソだろ!1mmもママにビビってねぇんだ・・・・・・!」

ジンベエ「未来の海賊王の仲間になろうっちゅう男が!四皇ごときに臆しておられるかァ!!」

ビッグマム「!!??」

ジンベエ「寿命を取らんのなら盃は返上する!」

子供たち「ママが寿命を取れない・・・・・・!?」

ジンベエ「これにてビッグマム海賊団をやめさせてもらう!どうもお世話んなりやした」

ナミ「・・・・・・まさか作戦中に・・・・・・!」

チョッパー(カッコいいジンベエ・・・・・・!)

ルフィ「やったーー!!」

ビッグマム「ハ~~~~~ハハハマママ!おめでとうジンベエ・・・・・・」

盃を踏み潰すビッグマム。

ビッグマム「だったら今から敵だよなぁ!!」

プロメテウスのパンチがジンベエに迫る。

ルフィ「わぁ!きたねぇー!!」

ドゴォォン

一方、ルフィの被り物をしてひょこひょこ歩く謎の人物。

「ヨホホ」

パリン!と持っていたトンカチで、マザー・カルメルの写真を割る。

■このルフィは・・・

863話、ここで終了、864話へ続く・・

 

感想や考察など

作戦の状況を整理

ルフィたちの作戦は、暗殺メンバーとジェルマ救出メンバーに分かれている模様。

写真を割る:ルフィ、ジンベエ、ペドロ、ブルック

ビッグマム暗殺:カポネ、ヴィト、ゴッティ

ジェルマ救出:ナミ、キャロット、チョッパー

結局作戦はルフィはカタクリに止められるも、ジンベエが予想外の時間稼ぎ、そのスキにブルックがさりげなく写真を割る展開に。

もしやこれもジンベエの計画のうち??だとしたら今回のジンベエはすごすぎる。

次の話では3秒後にビッグマムの発作が起き、カポネたちによる暗殺作戦が始まるはず。

すでにイカれ始めているビッグマムですが、来週いよいよぶっ壊れそうな予感。

 

カタクリの能力はモチモチの実 ←ロギア系??

カタクリの能力が判明し、ロギア系のモチモチの実と言うことが判明しました。

ロギアと言えばこれまで雷や炎など自然の物でしたが、ここでまさかのモチがロギアで登場。

一応、元は米 ←自然の食べ物と言うことでロギアに分類されているんでしょうか。

モチなので熱にかけられると、柔らかくなる、もしくは膨らむなどして、能力の相性は悪いかも。

Mr3のドルドルの能力とやや共通している所があるかもしれません。

 

ジンベエ死亡フラグ→生き残るフラグへ?

寿命を取られようとしたジンベエですが、ビッグマムの脅しに臆せず何も取られないと言う結果に。

「未来の海賊王の仲間になろうっちゅう男が!四皇ごときに臆しておられるかァ!!」

「ルフィは海賊王になる男」と言うフレーズは、過去にゾロやサンジなど仲間のほとんどが使った言葉ですが、ジンベエも仲間に加わると見てほぼ間違いなさそう。

ホールケーキアイランドではこのまま死ぬかとみられていたジンベエですが、生き残って仲間になる可能性が高くなってきました。

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑