ワンピースネタバレ873話の確定を予想。「どうして?」

公開日: 

 

ビッグマム「ウエディング・・・ケー・・・キを・・・・・・」

「持ってこーーーーい!!!」

ボガァァァァン!!!

ビッグマムが拳をたたきつけ、あたり一面にケーキの残骸が飛び散る。

Sponsored Link

 

子供たち「こんな時にママの持病が!」

「材料は準備できるのか!?」

「厳選された素材で作られたケーキだ・・・城は崩れて何もない」

「全島に告げ!急いでウエディングケーキの材料を持ってくるよう伝えろ!!」

ガレット「兄さん?麦わらたちは・・・?」

カタクリ「仕方ないが・・・いったんママの癇癪を止める事に専念する」

「島の大臣たちに包囲網を張らせておけ!ママの病気は止める、麦わらもベッジも島から出しやしない!」

 

一方、ジェルマ一行

ジャッジ「ぐ・・・」

レイジュ「父上・・・気が付いた?」

ジャッジ「ビッグマムは・・・麦わらたちはどうなった・・・?」

ことのいきさつを話すレイジュ。

レイジュ「我々もこのままでは危険よ、急いで脱出を」

ジャッジ「そうか・・・何一つ上手くいかなかったな。北の海制圧も・・・一からやり直しだ」

ニジ「父上、これからジェルマはどうするんだ?」

ジャッジ「次の計画には準備がいる・・・ひとまずここから脱出し、まもなく行われる世界会議に参加するとしよう」

 

一方、シーザー

シーザー「まったくあいつら・・・この天才との別れをなんだと思ってやがる!」

「にしても、、やっと戻って来たぜ俺の心臓~~~!!」

心臓を胸に戻そうとするシーザー。

シュッ

シーザー「!」

「なんだ!心臓がいきなり消え・・・!?」

ステューシー「探し物はこれかしら?」

シーザー「誰だてめェ!」

ステューシー「フフ・・・科学者シーザー・クラウン、ずっとチャンスをうかがっていたわ。わたしが今日ここに来た本当の目的は、あなたをここから連れ出すこと」

シーザー「!?」

ステューシー「私はCP0の諜報員・・・これを返してほしかったら、今日からCP0に仕えなさい」

シーザー「そんな・・・バカな!!(泣)」

 

一方、ルフィ一行

ルフィ「着いた~~~~~!!」

Sponsored Link

ナミ「良かった!サニー号は無事みたい」

サンジ「なつかしいぜサニー号・・・」

ナミ「さぁ、あとはブルックたちが来たら、すぐに出航しましょう!」

ルフィ「よっしゃ~~!さっさと脱出して、ワノ国に向かうぞ~~~」

サンジ「早くロビンちゃんに会いてぇなぁ(*´Д`)ハァハァ」

サンジ「!」

草むらの方に何かの気配を感じるサンジ。

プリン「・・・」

サンジ「プリンちゃん・・・?」

ナミ「プリン!?えっなに、もう追っ手が来たの!?」

ルフィ「プリンてめェこんにゃろーー!!よくも裏切りやがっ・・・」

サンジ「待てルフィ!彼女は1人だ、おれが話をする」

プリン「・・・」

サンジ「まだおれを殺そうってのか?悪ぃが仲間が来る前に・・・」

プリン「安心して・・・追っ手はしばらくこないわ。ママの病気が発症しちゃったから。私は、あなたに一つ聞きたかっただけ」

サンジ「・・・なんだ?」

プリン「どうして・・・気づいてたの?私があなたを殺そうとしてる事・・・それに私の目のことも、本性も知ってたんでしょ?」

サンジ「・・・」

レイジュと会っていた時のことを思い出すサンジ。

サンジ「・・・実は、見てたんだ、レイジュと会ってたところ。それで・・・」

プリン「そう、、私としたことが、とんだヘマをしたってわけね。フフ・・・私のこと、殺したいと思ってるでしょ?さんざんあなたを騙してきたんだから」

サンジ「過ぎたことさ、もうやめよう、この話は」

プリン「でも私の目がきれいだなんてウソ言って、動揺させようとするなんて、あなたもとんだ性悪ね」

サンジの(なんて・・・美しい瞳だ・・・)を思い出すプリン。

サンジ「・・・」

プリン「私の本性はみにくい化け物、生まれてからこの目を美しいなんて言った奴はいなかった!あなたもどうせそう思ってたんでしょ」

サンジ「・・・そうやって、ずっと自分を偽って来たのか?」

プリン「はぁ?何言ってるの?偽ってたのは今までの私、本当は」

サンジ「でも、あの時の君は泣いていた・・・」

プリン「!」

サンジ「おれは女の涙を疑わねぇ、君は本当は・・・そんな子じゃないはずさ。」

プリン「・・・」

サンジ「・・・じゃあな」

 

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑