ワンピースネタバレ874話の確定を予想。「ペッツ」

公開日:  最終更新日:2017/08/03

■怒れるビッグマム来襲!!

ビッグマム「ふんっ!」

ビッグマムが持っていたナポレオンの剣を正面から振り下ろす。

ガギィィン

ルフィ「うおっ」

ナミ「きゃあっ!」

サンジ「危ないっ!ナミさん!」

キングバーム「ぎゃああああっ!!」

バリバリバリッ

中央から縫った裂け目が、再び切られてしまうキングバーム。

キングバーム「ひ・・・ひどいんジュ・・・ピクピク」

Sponsored Link

 

ビッグマム「ウェディングケーキを・・・さっさとよこせーーーーっ!!」

ルフィ「ケーキ!?何言ってんだあいつ?」

ナミ「言ってる事が意味不明・・・それになんか、様子が変じゃない?」

ジンベエ「厄介じゃな・・・ママの癇癪が発動しておる!」

サンジ「かんしゃく?」

ジンベエ「ママは時々食いわずらいの癇癪を起すんじゃ!発症すると欲しいものを食べるまで、街を破壊しつくす恐ろしい病気・・・恐らく今回のテーマはウエディングケーキ!ケーキを食べるまでは、暴走がとまることは無い!」

ナミ「でもどうしてそれが私たちに・・・?」

ジンベエ「恐らく子供たちの誰かが、ワシらがケーキを奪ったと嘘をついたんじゃろう!ママの癇癪は子供たちも手を焼くほどの暴走!だからあえてこっちに向かわせたんじゃ」

ルフィ「ひきょうな奴らだな~・・・おいビッグマム!おれたちケーキなんて持ってねぇぞ!」

ビッグマム「・・・・・・」

ルフィ「む・・・むしろ、ケーキがあるなら俺にも食わせろ!」

サンジ「おい」

ビッグマム「うるせぇ~~~~!!」

ボガァァン

ルフィ「ダメだ!あいつ聞く気がねェ!」

ビッグマム「ケーキが無いなら、、寿命をよこせよ・・・・・・」

ルフィ「!?」

ジンベエ「いかんルフィ君!油断したら寿命を取られる!気を付けるんじゃ!」

ビッグマム「さあ、、ケーキを出すか・・・寿命を出すか・・・好きな方を選べ?」

ルフィ「!!」

 

ズズズズズ

 

ルフィ「・・・?」

ビッグマム「!?」

ナミ「どうやら、心配なかったみたいね」

サンジ「気の強さと食欲は四皇クラスだからな」

ルフィ「おいビッグマム!!おれの寿命はお前には取らせねェ!ここから脱出したら、仲間連れてお前をぶっ飛ばしにくるから、それまで首洗って待ってろ!!」

ビッグマム「フザけやがって・・・ならばここで始末してやる!」

ドォォン!!!

兵隊「うわあっ、こっちにも被害が!」

「ママ落ち着い・・・!」

ビッグマム「うるさい」

寿命を取られている兵隊たち。

ジンベエ「マズイ!いったん森へ逃げるんじゃ・・・!」

 

誘惑の森に逃げ込んだ一味・・・

ナミ「困ったわね・・・あいつに見つかったら、また追いかけられちゃうわ。キングバームもしんじゃったし、、これじゃ森を抜けるのも一苦労ね」

ルフィ「腹減った~~」

ジンベエ「そう言えばワシも腹がすいたのう」

キャロット「私も・・・」

パウンド「ウヌも・・・」

ナミ「って!あんたいつからいたの??ビシッ」

パウンド「ここにずっといたのよね」

 

ことのいきさつを話すナミたち・・・

パウンド「そうか・・・作戦はうまくいったのか」

ナミ「ええ、、ビッグマムの暗殺は失敗したけど・・・私たちの作戦はひとまず成功よ、あとはここから逃げるだけ。そう言えばシフォンも元気にしてたわ」

Sponsored Link

パウンド「シフォン!一目会いたかったけど、無事ならそれでいいのよね」

ナミ「ええ、でもこの島から逃げるには、奴らの追撃をかわさなきゃ。ビッグマムも追ってくるし、このままだとやられちゃう、まずはあの怒り狂ったビッグマムを止めなきゃだけど・・・」

ジンベエ「怒れるママを止めるすべは食べ物だけ・・・このままだと島自体も危険じゃ」

パウンド「実はリンリンの癇癪は・・・一つだけ止める方法があるのよね」

一同「!?」

ジンベエ「それは本当か!?」

パウンド「たぶん、子供たちも知らない・・・ウヌだけが知る秘密なのね」

 

【回想】

ズゥゥウン

ビッグマム「モンブランを・・・もってこ~~~い!!」

町人「ビッグマムの癇癪だァーっ!みんな急いで避難しろ!」

カタクリ「急いで材料を集めろ!」

スムージー「料理長シュトロイゼンはどこだ??」

逃げまどう周囲の人々。

パウンド「あわわわわ・・・」

若いころのパウンドがおろおろしている。

「オギャー!ホギャー!」

パウンド「ローラ!シフォン!ここは危険なのよね、一緒に逃げるのよね」

ゆりかごの中で泣いている赤ん坊の頃のローラとシフォン、それを抱きかかえて逃げようとするパウンド。

パウンド「!」

ズシィィィン

ビッグマム「モンブラン・・・モン・・・ブラン・・・!!」

パウンド「リンリン・・・もうやめるのよね、約束通りウヌはもうこの城を出ていくから・・・」

ビッグマム「うるせぇ!!」

パウンド「ひぃっ!!」

ビッグマム「だったらここを出ていく前に・・・お前の寿命をよこせ」

パウンド「ガクガク」

ビッグマム「!」

ローラ&シフォン「オギャー!ホギャー!!」

ビッグマム「・・・・・・!」

パウンド「!?」

ローラ&シフォン「オギャー!ホギャー!!」

ビッグマム「・・・」

急におとなしくなり、笑顔を見せるビッグマム。

パウンド「・・・リンリン?」

スムージー「ママ!モンブランが・・・って、あれ!?」

ローラとシフォンをあやしているビッグマム。

回想終わり

 

ナミ「・・・ローラとシフォンが??」

パウンド「そうよね、リンリンはあの時、まだ赤ん坊のローラとシフォンを見ておとなしくなった」

キャロット「赤ちゃんの泣き声で止まったってこと?」

ジンベエ「う~む、ビッグマムとあろうものが不思議じゃのう」

サンジ「生まれたばかりの命だからか?ソルソルの実の力と関係があるのか、よく分からねぇが」

ルフィ「ふーん ホジホジ」

ナミ「とにかくビッグマムは、赤ん坊の泣き声でとまるって事よね、でもこの島に赤ん坊なんて、、」

「あ・・・」

一同「ペッツ!!」

 

一方、カポネ海賊団

シフォン「あなた!!」

ヴィト「ファーザー!」

縛られ、頭に銃を突きつけられているカポネ。

カポネ「・・・」

プリン「さてと・・・あなたたちのボスはこの通り。全員みな殺しにする予定だったけど、条件を聞くならあなたたちは生かしといてあげるわ」

シフォン「・・・」

ペッツ「オギャーホギャー!」

プリン「シフォン、あなたはこれからケーキ作りを手伝う事、それから・・・」

シフォン「?」

プリン「そのうるさい赤ん坊、邪魔だからこの場で殺しなさい」

シフォン「・・・え?」

 

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑