ワンピースネタバレ887話の確定と感想「どこかで誰かが君の幸せを願っている」

公開日: 

ワンピースネタバレ887話確定「どこかで誰かが君の幸せを願っている」

画像は「https://one-piece.com/」より

Sponsored Link

あらすじ

・島に乗り上げるベッジの船(船は水陸両用)

・サンジがケーキごとベッジの船の上に乗せる

・オーブンを轢いてそのままベッジの船は海へ出航する

・オーブンが能力で海を加熱して攻撃・パウンドがオーブンを叩き、その隙にベッジの船が脱出

・シフォンの幸せを願うパウンド、その後オーブンに斬られる

・大勢の海賊船から逃げるサニー号、サンジたちはデコレーション開始

 

今回はローラの父・パウンドの回となりました。

パウンドは序盤で登場しつつもなかなか出番がなかったんですが、娘に会いたいと言う気持ちが人一倍強い父親。

しかし最後はシフォンと一言も話すことなく、最期を迎えると言う悲しい結末になってます。

742話ではキュロスとレベッカの父娘の関係を「いつでもキミのそばにいる」と言うタイトルで表現していましたが、

今回の887話では「どこかで誰かが君の幸せを願ってる」と言う、ある意味真逆のようなタイトル。

キュロスはすぐそばで娘を見守る父親、パウンドは遠くから娘の幸せを願う父親として、どこか対象的なキャラとなりました。

パウンドは回想で王冠をしていた所からすると、どこかの国の王子だったようです。

ビッグマムの結婚する相手はほとんど王族?

パウンドの正体を知っているナミが、シフォンにこのことを明かしそうですが、シフォンがどんな反応をするのか見もの。

泣き崩れそうな気もするし、意外とあっさりしてそうな気もします・・・が、そもそもマムの旦那がどんな人生を送っているのかが気になる。

そしていよいよ残るクライマックスは、ケーキの完成、ルフィvsカタクリの行方と言うところ。

ルフィとカタクリは完全決着になるのか、それともある程度残した状態になるのか、これからルフィが四皇を倒していく中での、非常に重要なステップとなるはず。

 

感想や考察など

 

 

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑