ワンピースネタバレ928話の確定を予想。「伝説の侍」

公開日: 

Sponsored Link

■囚人採掘場

ヒョウじい「うまい…!うまいぞォ!」

バク バク

ルフィ「おっさん腹減ってたんだなー」

ヒョウじい「こんなに食えたのは久しぶりじゃ!」

「娘がおこぼれ町で団子屋をやっているんじゃが」

「もう一度会いたくなってくるわい…」

囚人「ヒョウじいの娘さん!生きてたのか?」

ルフィ「…?」

ヒョウじい「確かに生きておる!」

「あの戦いから危険な目にはあったが…!」

「今は約束の時まで…!旦那の帰りを待っておるはずじゃ!」

一同「……!!」

ヒョウじい「今年は約束の年…!わしも彼らの力になりたいが」

「まずはここを脱出せねば何もできん」

ルフィ「おれもここ出てェけど…」

「この手錠付けられてちゃ力出ねェんだよな」

キッド「フン 出られたとしても」

「カイドウの野郎を倒せなきゃ同じだ」

Sponsored Link

 

カリブー「ケヒヒヒヒヒ!!」

「お~れさまがいい事を教えてやるってんだよォ~~~~!!」

一同「!!」

カリブー「久しぶりだなァ!麦わらァ!!」

ルフィ「……」

キッド「誰だ?」

ルフィ「全然知らん」

カリブー「おォい!!!」

 

【解説】

濡れ髪のカリブー 懸賞金2億1000万ベリー

シャボンディ諸島に現れたルフィたちの後輩ルーキー

魚人島でしらほし姫を襲うがルフィにぶっ飛ばされる

とある島に上陸するもドレークに捕まりワノ国に連れてこられた

 

ルフィ「思い出した!お前確かよわほしをいじめてた…!」

カリブー「カリブーだ!あん時ゃ敵同士だったが…」

「ここじゃ仲間だ!以後よろしくってんだよォ~~」

ルフィ「で…なんでお前がここにいるんだ?」

カリブー「その話はあとだ」

「おめェさんここを脱獄してェんだろ?」

ルフィ「あァ してェ」

カリブー「ならこの囚人採掘場のどこかにいる」

「「伝説の侍」を探して仲間にするべきだ!」

ルフィ「伝説の侍ィ!?」

キッド「海賊時代から悪評の多かった奴だ 信用するのはやめとけ」

ルフィ「!?」

カリブー「本当だってんだ!ここを出てェのはオレ様も同じ!」

「どうか信じてくれ!この通りだ頼む!」

ルフィ「わかった 信じる!」

カリブー「早ァ!!」

キッド「フン 勝手にしろ」

 

カリブー「いいか?ここにはおれ達みたいな能力者がごまんといるが」

「全員海楼石の手錠をかけられまともに動ける奴は1人もいねェ」

Sponsored Link

「手錠の鍵はあるが 百獣海賊団の腹心「キング」が常に持ち歩いててまず奪うのは不可能だ」

「これまでに鍵を奪おうとした奴は何人もいたが」

「みんな失敗してひでェ拷問の末に死刑になっちまった」

ルフィ「そいつ強ェのか?」

カリブー「強いもなにも懸賞金18憶ベリーのバケモンだ」

「おめェさんでもまず勝てねェよ!ケヒヒ」

ルフィ「なんだと!? ムカッ」

キッド「……」

カリブー「まァ落ち着きな だが鍵を奪わなくとも錠を外す手段はある」

一同「…!!」

カリブー「この囚人採掘場のどこかに」

「海楼石の錠さえも斬っちまう「伝説の侍」が捕まってるって話だ」

「ワノ国に伝わる伝説の剣豪リューマの子孫で…」

「その才能は親をも超えると言われている」

「そいつもカイドウに復讐を誓っているらしいが」

「バカ強ェお前さんたちを見れば協力してくれるに違いねェ!ケヒヒ」

ルフィ「そうか~でも刀とか取り上げられてんだろ?」

 

??「暴れていた囚人たちと言うのはどいつだ?」

一同「!!」

部下「あの2人です!一角様!」

【百獣海賊団 真打ち 蛇使いの一角】

ルフィ「……!」

キッド「…!」

一角「フフちょうどいい 貴様らをこれから見せしめのため死刑にする」

「クイーン様からお借りしたこの二代鬼轍…」

「こんなに早く切れ味を試せるとは…」

ルフィ「おい」

キッド「あァ…」

一角「?」

ルフィ&キッド「あんじゃねェか…刀!」

一角「…え!?」

 

■花の都 とあるお座敷

??「んもうっ!!一体どう言うことでござんす!!」

ガシャァン

女郎「きゃぁぁぁっ!」

「おやめくださいませ!朝霧太夫さま!」

【ワノ国の遊女 朝霧太夫】

朝霧「私と言うものがありながら」

「オロチ様はまた小紫をお座敷にお呼びするなんて」

「きっと小紫が卑怯な手を使って」

「オロチ様を無理やり引き込んでいるに決まってるでありんす」

おトコ「……」

女郎「そう言えば朝霧様」

「今回のお座敷には新人の芸者も呼ばれているそうなのです」

朝霧「えェっ!先輩である私目を差し置いて…!」

「新人の芸者がオロチ様のお座敷に?」

女郎「えェ 確か…おロビと言う名で」

朝霧「すぐに呼んでくるでありんす」

「その女…!二度と踊れないよう丸坊主にして辱めを受けさせてやるでござんす」

おトコ「……!」

■おロビに早くも身の危険…!?

 

Sponsored Link

Comment

  1. 匿名 より:

    いつも、楽しみにしています。
    ありふれた、考察や予想より
    遥かに見応えあります。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑