ワンピースネタバレ最新955話の予想「裏切り者」

公開日: 

Sponsored Link

■ワノ国 羅刹町

役人「おいおいどうする?」

「どうするもこうするも…一体どうなってんだ?」

「あんなにいた罪人たちが 一人もいねェ!」

べべん!

反乱軍がいなくなった空っぽの牢屋

役人「急いでオロチ様に報告せねば」

「バカ言え!そんな事したら即しばり首」

「どうせオロチ様の勘違いで捕まった無実の人間だろ?」

「よし…!」

「見なかったことにしよう!」

その場を立ち去る役人たち

■九里 頭山

ベポ「よかった!うぅっ…キャプテン」

シャチ「逃げ出せたんですね」

ペンギン「にしてもすげェ人数だな」

反乱軍(ゾロゾロ…)

ロー「…その件で話がある」

「侍と話がしたい」

プルルル プルルル

ロー「こちらローだ」

錦えもん(おおロー殿!)

(仲間が捕まったと聞いたが 大丈夫でござるか!?)

ロー「なんとか無事だ…」

「それと羅刹町の反乱軍の解放に成功した」

「新しい集合場所について教えてくれ」

錦えもん(なんと!それはたまげた!)

(ルフィ殿と言い…つくづく優秀な者たちでござる)

ロー「麦わら屋がどうかしたのか?」

錦えもん(後ほど詳しく話す…!)

(集合場所についてだが…)

ロー「あ 待て…もう一つ報告がある」

錦えもん(…?)

■ワノ国 とある海域

ザザ…ン ザザ……ン

アプー「アッパッパ~~♪」

「怖ェ怖ェ…そう構えねェでもらいてェな」

ぺロス「海鳴りスクラッチメン・アプー」

「貴様いったい…何をたくらんでやがる?」

「最悪の世代はどうも信用ならねェ!」

べべん!

対峙するアプーの船とクイーン・ママ・シャンテ号

アプー「報告に合った通りおれたちゃもう仲間だ」

「お前たちをこれから鬼ヶ島へ案内するってな♪」

ナンバーズ「………ガルルル」

ダイフク「ふん あんなデケェ奴ら」

「邪魔でしょうがねェ」

ナンバーズ「……ガルル」

「……ブチィッ!!」

ブン!

ビュオオオッ

ダイフク「!!」

ガギィィィン

魔人「…!!」

金棒を投げるナンバーズとそれを受けるダイフクの魔人

ナンバーズ「……グオオオオッ!!」

アプー「おいおい落ち着けおめェら!」

ダイフク「……ナメやがって」

ぺロス「ダイフク!やめろ!」

アプー「仲良くいこうじゃねェか!」

「まずは歓迎のあいさつとして」

「カイドウさんが5日後に行われる」

「「火祭り」に招待してェんだとよ」

ぺロス「祭りか 悪くない」

「だがこちらから1つ条件がある」

アプー「?」

ぺロス「その祭りに麦わらたちが来るんだろ?」

「おれたちに捕らえさせろ!」

■花の都 オロチ城

オロチ「わっはっは!飲めェ!騒げぃ!!」

狂死郎「………」

どんちゃん♪ どんちゃん♪

宴をしているオロチ城の殿様たち

オロチ「年貢の上りはどうじゃ!?」

部下「最高です♪オロチ様!」

オロチ「逆らうものはどうする!?」

部下「みな殺しです♪オロチ様!」

Sponsored Link

オロチ「おなごは集めたか?」

部下「国中から選りすぐりを♪オロチ様!」

じゃんじゃん♪ どんどん♪

オロチ「むははは!良い気分じゃ~~」

狂死郎「……げぷっ」

侍「がはは 飲んでるか?アニキ」

狂死郎「……何やら不穏な気配がするでござるな」

侍「気配?気のせいじゃねェか?」

狂死郎「………」

芸者「いやん♡どこへ行くのですオロチ様」

オロチ「ええいトイレじゃ!どけっ」

ガラッ

トイレに歩き出すオロチ

??「………」

オロチ「?」

ビュオッ

ビシィィィィッ!!

オロチ「!!」

キィィィン

狂死郎「!!」

不審者の攻撃からオロチを間一髪で助ける狂死郎

オロチ「な…何事じゃ!!」

??「……」

ガギィィィン

オロチ「うわっ!!」

グググググ

狂死郎「ふふ…なぜ貴様がオロチ殿を狙う?」

??「……」

狂死郎 「飛び六砲 X・ドレーク」

ドレーク「………」

不審な影の正体はオロチ城に潜入していたドレーク

■ワノ国 頭山

錦えもん(報告とはなんでござる?)

ロー「……」

【回想】

ロー「…おれを逃がすことが」

「お前の陰謀なら乗ってやるよ……」

「X・ドレーク」

ドレーク「……」

ホーキンス「待ってくれ!」

ロー「?」

ホーキンス「ハァ…ハァ…」

「お前ら 本気でカイドウに勝てると思っているのか?」

ロー「さァな だが麦わら屋は止まらねェだろう 」

ドレーク「さっき話した通りだ」

「おれが海賊になったのは…カイドウを倒すためだ」

海軍将校時代を思い出すドレーク

鎖を引きちぎるカイドウとそれを抑えようとしてやられる海軍兵たち

ホーキンス「お前たちがこの戦いに勝利する確率8%」

「それでもやると言うのか?」

ロー「貴様には関係のないことだ」

ホーキンス「………」

「………待て」

ロー「?」

ホーキンス「おれも仲間に加えてくれ」

「一泡吹かせたい奴らがいる」

ロー「……」

【回想終わり】

ロー「奴らの仲間が一人こちらに加わった」

「名前はバジル・ホーキンス」

「そしてもう一人 幹部のドレークは裏切り者だ」

べべん!

ホーキンス「……」

錦えもん(なんと!それは誠でござるか?)

ロー「信頼できるか不安だが」

「こいつの心臓はおれが握ってる」

ドク ドク

「こいつなら内部の情報を知っているはず」

「作戦が有利に進められるはずだ」

錦えもん(そうか!ちょうどよかった)

(こちらも先ほど嬉しいニュースが届いた)

ロー「?」

錦えもん「白ひげ海賊団がワノ国に到着した」

「拙者たちとともに戦ってくれるそうでござる!」

■ワノ国 とある海峡

海に浮かぶ一隻の船

マルコ「……ワノ国か」

「……久々だよい!」

ジョズ「………」

ビスタ「………」

顔に大きな傷のあるマルコ、

片腕を失っているジョズ

花剣のビスタら白ひげ海賊団の隊長たち

■続々と…仲間が到着!!

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑