ワンピースネタバレ913話の確定と感想。「鶴の恩返し」

公開日:  最終更新日:2018/08/07

ワンピースネタバレ913話の確定「鶴の恩返し」

公式サイトより913話の先行画像が公開されました!

※画像は「https://one-piece.com/」より

相変わらずのルフィ!

そして生存確率19%と言うのは高いのか低いのか…

ホーキンスともこのまま戦うのか微妙なところになりそうです。

※あらすじは確定後に追記

・ホーキンスの部下と戦闘するルフィとゾロ

・ホーキンスは「ワラワラの実」の能力、部下を藁人形の盾として攻撃を受けさせる

・藁の化け物が出現、藁人形(ストローマン)ズカードでルフィたちに攻撃を仕掛ける

・狛ちよに乗って逃げるも、ゾロがダメージを受ける

・狛ちよの尻尾に隠れていたのは「お鶴」、お玉の知り合いで薬草で治せると言う

・村にいたのは相撲取り「浦島」に口説かれている「お菊」

・そこに現れるルフィ一行、それを遠くから見ているベポやシャチたち

 

感想や考察など

ホーキンスはワラワラの実の能力者!タロットカードの能力は?

ルフィたちと戦闘を始めるホーキンスの一味。

ホーキンスはどうやら部下を藁人形として自分の中に宿すことで、自分の分身として扱えるらしい。

10人宿せば10回死ねると話すホーキンス。

シャボンディ諸島では「大将相手にたった10体じゃ心もとない」と話していたので、もっと多くの人間を宿すことが出来そうです。

恐らく能力者の器次第だと考えられますが、モリアのように100人1000人と宿すことも出来るかも?

 

さらには藁人形(ストローマン)ズカードと言う能力も発動。

タロットカードはホーキンス自身の得意技かと思いましたが、名前からするとこれもワラワラの能力である可能性もありそうです。

カードに伸びていた不思議なツタのようなものは、あれもひょっとするとワラだった?

仲間割れのカードなどを出してしまうあたり、ギャンブル要素の強い能力のようです。

ハンターハンターのカイトの「クレイジーピエロ」に近いものがありますね。

 

ゾロはワラワラの実のターゲットになる?

逃げる時にホーキンスの釘を受けてしまったゾロ。

Sponsored Link

ひょっとしたらこの釘を刺されることでホーキンスの「体に宿す」能力が発動してしまったのでは?

藁人形と言えば人形に釘を刺してハンマーでたたくのが定番ですが、

ホーキンスの怪物藁人形も常に釘を持っており、これが能力発動の条件である可能性は高そうです。

今後ホーキンスと戦闘することになったら、ゾロが代わりに攻撃を受けてしまう展開も。

ワノ国編でもゾロはボロボロになってしまいそうです。

そして二代鬼徹を譲り受けることはあるんだろうか。

 

新たな仲間「お鶴」「お菊」が登場!家紋との関係は?

お玉に続いて登場したのは「お鶴」と「お菊」。

村の状態やお玉のことを知っている当たり、光月家側の人間と考えていいでしょう。

これから先ルフィたちの味方になってくれるに違いない。

光月家の家紋には中央に「大きな鶴」そして周囲には「菊輪のような模り」がありましたが、この2人はかなりの重要人物かもしれません。

錦えもんと同じなら、背中に光月家の家紋が彫られている可能性もあるはず。

時代劇でおなじみのお風呂シーンがあれば、お菊の背中の家紋をルフィが見てしまうサービスショットも来る!?

そして村の中も荒野のような干ばつ状態になってますが、これも旱害のジャックの仕業でしょうか。

 

ベポたちが登場!ローは一体どこに?

最後のコマで登場したのはベポたちハートの海賊団の一味。

「騒ぎを起こす前に」と言っている所から、みんなと同じように慎ましく生活してると考えられそう。

にしてもペンギンとシャチはともかく、ベポは衣装が似合いすぎてます。

気になるのはローの行方ですが、他と同じなら医者として潜入している可能性が高いでしょうか?

ローの着物姿は、かなり楽しみにしている人も多いでしょうね。

 

Sponsored Link

Comment

  1. 匿名 より:

    もしかしたら、カタクリ戦はお情けということで勝っていてそれで懸賞金がアップだからホーキンスといざ戦うとなるとやはり普段の戦闘と変わらないor苦戦気味になるということなのかな?(−_−;)
    それとも、今はお玉のことが先で現状が現状だからこういうことになったのかな?
    問題が解決したらまた…という流れで。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑