ワンピース ネタバレ 最新 996話の予想「飛轍の待ち人」

公開日: 

Sponsored Link

■意外な助っ人が登場…!?


ドガァァァン


うるティ「いった~い!ぺーたん助けて!」


お玉「みんな大丈夫でやんすか!?」


ナミ「ダメよ!なんで来たの!?殺される…!」


うるティ「誰かしらねェがここは戦場だぜ!」

「遊び場じゃねェんだ…!」



ドドドドド



狛千代に突っ込んでくるうるティ。



お玉「今だっ!それっ!!」



うるティ「よっ!!パクッ」

「!!??」


きびだんごをうるティの口に投げ込むお玉。



うるティ「……」



ページワン「姉貴!さっさとやっちまえ!」



お玉「さァ!あの恐竜をやっつけるでやんす」



うるティ「はい!ご主人さま!」



ドドドドド



ページワン「!!??」


「姉貴…何を」



ナミ「えっ…?」



うるティ「ウル…頭銃(ずがん)!!」



ゴッッ!!!



ページワン「ぐおおおお!!」



ドガァァァン



お玉「狛千代!」


狛千代「ワン!」



ドドドドド



お玉「今でやんす!」


ヒュッ



ページワン「パクッ」


「!!??」


「……」



お玉「整列!!」


うるティ&ページワン「はい!ご主人さま」



ビシッ



ウソップ「!!??」

「どうなってんだ!?悪魔の実の力か??」


お玉「はい!きびだんごで手懐けられるでやんす」

「人間には効かないはずだけど…」

「こいつらは動物なので効くみたいでやんす!」


ナミ「ありがとう…でもどうやってここに来たの?」



天狗山飛徹「わしが連れてきた…」


ナミ&ウソップ「!!」


スピード「ヒヒーーン」


スピードの背中の上に乗っている天狗山飛徹。



天狗山飛徹「わしがここに行くと言うとどうしても付いて来るというのでな」

「どのみち1人では来れぬゆえ 玉とこいつらの力を借りたのだ」


ウソップ「でもおっさんはなんでここに…?」



天狗山飛徹「実は20年前…ある人物と約束していたのだ」

「もし錦えもん達が戻ってきて本当に討ち入りが始まったら…」

「これを持ってきてほしいとな」


バッ


ナミ「この刀は…」


ウソップ「おでんが使ってたっていう…」



天狗山飛徹「天羽々斬(あまのはばきり)じゃ」

「エースとも約束した…必ずこれを渡すと」

「ここにいる…ヤマトと言う男にな!」



ウソップ&ナミ「エースゥ!?」



……



ナミ「なるほどまさかそんな関係が」


天狗山飛徹「ヤマトとは20年前に会ったきり…」

「だがエースから聞いた話では自分を上回る強さになっていて」

Sponsored Link

「必ずおでんの敵を取ると言っていたそうだ」


ナミ「じゃあそのヤマトって奴を探しましょう!」


「さァあんた達…!」

「ヤマトを探しに行くのよ!!」



うるティ「!!」



お玉「あっ…」

「あたいの命令しか聞かないでやんすよ」



グルォォォオ!


ナミ「きゃーーーっ!ごめんなさいごめんなさい!」


ウソップ「…オイ」




■ライブフロア


ピキキキ


チョッパー「あ~~~~!!」


「やべェどうしよう!!」


「あれが…あれがないと」



マルコ「麦わらの一味だな」

「なんか手伝うことあるかよい!」


ロビン「マルコ!」


ブルック「あなたまさか…白ひげ海賊団の…?」



チョッパー「うおお!火!」

「すまねェがここ燃やしてくれ!」



マルコ「こうか?」



ゴオオオオオ



チョッパー「!!」



シュオオオオオ


チョッパーの体から氷鬼のウイルスが消滅する。




チョッパー「思ったとおりだ!」

「このウイルスは外側から極度に冷却しウイルスを増やしてる」

「熱があれば抗体がなくても治せるぞ!」


マルコ「??」


ロビン「実はね…」



かくかく しかじか



マルコ「なんだそんな事か」

「おれに任せろよい」



バッ


空中に飛び上がっていくマルコ。



クイーン「あいつは…白ひげ海賊団のマルコ!」

「なぜこんな所にィ!!?」



スゥゥゥ



マルコ「鏡火炎(きょうかえん)!!」



ゴオオオオオ


ライブフロア全体をマルコの炎が焼き尽くす。



氷鬼「ぎゃあああ!!」


侍「燃える燃える!」

「あちっ…あちっ…くない?」


大マサ「……おお」



シュウウウウ


氷鬼になった人たちが戻っていく。



クイーン「……」



ドドドドド



マルコ「おっと」


マルコに弾丸を打ち込むクイーン。



マルコ「久しぶりだなクイーン」


クイーン「せっかくのショーを邪魔してんじゃねェよ」

「なぜてめェがここにいる?」


マルコ「理由はいろいろあるが…」

「まァいい 役割を1つ見つけた」



クイーン「!!?」



ビュオッ



マルコ「火焔弾(リヴァレイション)!!」



ゴオオオオオ



クイーン「ぐっ…!」


「ぐわあああああ!!!!」



ドサッ



マルコ「さて…ビッグマムはどこ行った?」


クイーンを気絶させるマルコ。


■最強の助っ人…登場!



Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑