ワンピース ネタバレ 最新 976話の予想 「カイドウの秘密」

公開日: 

Sponsored Link

■最悪の世代3人が大暴れ!!

べべん!


ボロボロになっているカイドウ軍の船



カン十郎「近寄るなァ!!!」


一同「!?」


モモの助「なぜこんな事をするのだカン十郎!」


錦えもん「……モモの助様を離せ カン十郎」



カン十郎「万が一作戦が失敗した場合」

「侍ではなくモモの助の命を取るのが」

「最優先とオロチ様と約束しておる」

「こいつを殺し…そして俺も死ぬ!」


菊之丞「そんな…」



ルフィ「どうしたんだアイツ!?」


サンジ「少しだけ聞こえたが…」

「どうやらあいつが内通者だったみたいだ」


ウソップ「え!?裏切り者だったのか!?」


ナミ「ウソ!?ずっと一緒にいたのに…」



狂死郎「まてカン十郎!」


カン十郎「?」

「傳ジロー まさか貴様が忍び込んでいたとは」

「その顔では福ロクジュたちでも気づくまい」


錦えもん「カン十郎のこと…」

「知っていたのか傳ジロー?」


狂死郎「あァ…」




【回想】


オロチ「本当に来た!」

「海岸に見張りを付けろ!出国する者たちがいるはずだ!」


カイドウ「せっかく生きてんなら」

「この20年で光月に聞きてェことができた………」


オロチ「 狂死郎 !狂死郎はおるか!!」


ガラッ


狂死郎「お呼びでしょうか?オロチ様」



オロチ「20年の過去から 侍どもがおれの命を狙ってやってきた」

「錦えもん カン十郎 雷ぞう 菊之丞 モモの助 この5人だ!」


狂死郎「………(錦さん 無事で良かった!)」


オロチ「こいつらは全員始末せねばならん!」

「ただし…!」

「カン十郎と言う男だけを除いてな」


狂死郎「……えっ!?」


オロチ「こいつはウチに情報をくれる内通者だ」

「20年前のおでんとの戦いも」

「こいつの協力がなければどうなっていたか」


狂死郎「……(どういうことだ?)」


オロチ「むははは!まったく良く使える奴だ!」

「本当は黒炭家ではないのに!」

「自分が黒炭家と勘違いしておるのも知らずにな!」



カイドウ「なんだ アイツ黒炭家じゃなかったのか?」


オロチ「そのとおりじゃ!」

「迫害があまりにひどかった黒炭家は」

「被害を分散させるため」

「関係ない一家を次々に黒炭家に引き込んだ」

「役人に盗んだ金を渡してな」

狂死郎 「………」


オロチ「狙いは当たり我々への攻撃は他の家に移っていった」

「カン十郎の一家もその一つ」

「かわいそうな男よ 全く関係ないのに」

「我々に代わって迫害を受けるんだからな」

「しかもそのおかげでおれに尽くすようになった!」

「マヌケで…だがなんと使える男よ!」


狂死郎「………!!」


【回想終わり】




狂死郎「お前は黒炭家ではないにも関わらず…」

「オロチに騙され 多くの迫害を受けた!」

Sponsored Link

「お前が討つべきは…我々ではなくオロチではないのか!?」


カン十郎「……!!」


モモの助「……カン十郎」


カン十郎「………」

「ウソだ!でまかせを言うな!」


狂死郎「ウソではない」

「これはオロチに倉にあった巻物」

「ここに黒炭家のやった悪事がすべて記されている」


パシッ


カン十郎「!?」

「………」

「………ウゥ」

「だが…今さら光月には戻れぬ」


錦えもん「国民がお前を傷付けたのは事実」

「戻らなくてもいい」

「だが出来ることならおでん様のため」

「我々に協力してほしい」



ドサッ


モモの助「…あっ」


カン十郎「……ウ…ウゥ」

■ワノ国 鬼ヶ島

ページワン「ったく おれたちは見張りかよ」


ドレーク「無駄口をたたくな 聞こえるぞ」


宴会を見張っているドレークやページワンたち。


どんちゃん騒ぎしている百獣海賊団とビッグマム海賊団。



ビッグマム「ウィ~~ヒック」

「なぜおれがこの国に来たのか…」

「わかってるよなカイドウ」


カイドウ「ウォロロロ 麦わらを始末するためだろ」


ビッグマム「とぼけんじゃねェ!」

「アレのことだよ」


カイドウ「………」


オロチ「よいではないかカイドウ」

「もう同盟を組んだんだ」

「話してしまえ」

「ポーネグリフとやらに書かれている…」

「ウィ~~~」



ビッグマム「…てめェがしょっちゅう」

「空島にのぼってるのは知ってる」

「飛び降り自殺…?いいや違うね」

「探してるんだろ?」

「空島にある古代兵器「ウラヌス」を!」


ドレーク「………!!」



オロチ「おいおいそんな大きな声で」


カイドウ「みんな酔ってる どうせ誰も聞いちゃいねェさ」


ビッグマム「ポーネグリフを持ってるんだろ?」

「おれにも見せな ウラヌスのありかが示してあるその石を」


カイドウ「調子に乗るんじゃねェぞ」


ゴゴゴゴゴゴ





■新世界 海軍本部

プルルルル


ガチャ


コビー「はい!もしもし」


ドレーク(おれだコビー)

(霧)


コビー「あ はい 海!」

「どうしましたドレークさん?」


ハンコック「………」


コビーの横には捕らえられているハンコック




ドレーク「ワノ国についてまた新たな事実が発覚した」

「すぐにセンゴクさんに報告しろ…内容は」

「!!?」


キング「………」


ゴッ


コビー(もしもし?どうしましたドレークさん?)

(もしもし?)


ドレーク「………」


血まみれで気絶しているドレーク



ガシッ


コツコツ


キング「………」


■ドレークやられる!!?




Sponsored Link

Comment

  1. 畝川将輔 より:

    知らなかった事がたくさんあった 予想も
    良かった

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑