ワンピースネタバレ927話の確定を予想。「看守長ドレーク」

公開日: 

■ワノ国「兎丼」囚人採掘場 看守室

兵士「看守長~~!大変です!」

「副看守長のドボン様が…!囚人たちに倒され…!」

ドレーク「……?」

【百獣海賊団 真打ち 及び看守長 X・ドレーク】

 

■囚人採掘場

ヒョウじい「………」

ルフィ「じいさん大丈夫か!?」

囚人「ヒョウじい~~~!しっかりしろォ!」

ヒョウじい「ゲホッ ゲホッ」

「ハァ……わしはだいじょう……」

「…ぶ………」

「……ウゥッ!」

バタッ

Sponsored Link

 

囚人「えェ…!ヒョウじい!」

「ウソだろ!死んじゃダメだ!」

ヒョウじい「………」

ダダダダダ

囚人「みんな聞いてくれ~!来週行われるおれたち囚人の唯一の楽しみ!」

「月に一度の演劇に…!美少女こけしモデルの「銀千代」の参加が決まった!」

囚人「えェ!ワノ国の超人気アイドルがここに…!?」

「おれ超大ファンなんだ!」

「そのポスターもっとよく見せてくれ!」

ヒョウじい「わしにも見せんかい!!」

囚人「え~~!ヒョウじい!!」

 

ヒョウじい「先ほどは助かった!礼を言う」

ルフィ「じいさんおもしれェ顔してんなァ」

キッド「………」

ヒョウじい「それにしても海楼石の錠をつながれているとはお前たち能力者か?」

「それであれだけ暴れるとは…大したもんじゃ」

「…しかしわしの技術の結晶が今やこんな事に使われるとは…悔しいのう」

ルフィ「ん?どういうことだ?」

囚人「た!大変だァ~~~!!」

ルフィ「!?」

囚人「か…看守長が…!こっちにやってきたァ!!」

 

ドボン「…すまねェドレーク看守長」

ドレーク「誰にやられた?」

ドボン「新人の2人だ!名前は…」

カバ「カプッ」

ドボン「……!………!!」

ドレーク「……」

部下「ドボンをやったあいつらです!ドレーク看守長!」

ルフィ「?」

キッド「………」

ドレーク「ここで会えるとはな 麦わらのルフィ ユースタス・キャプテン・キッド」

ルフィ「誰だお前?」

キッド「フン 四皇にひれ伏した負け犬が」

ドレーク「この国でお前たちがやったことは死刑に値する」

「が…カイドウさんはお前たち2人を部下にしたがっている」

「殺しはしないが これからお前たちは死ぬほどの拷問を覚悟しておけ」

ルフィ「おい!おれたちはだんご食っただけだぞ!」

「なんで拷問になんだ!!」

ダダダダダ

キッド「おい!やめと……」

 

ドレーク「………」

ドガッ

ルフィ「!?」

囚人「アイツ…!ビクともしねェ!!」

Sponsored Link

カリブー「………」

ドレーク「……フン」

ガギィィィィン

ルフィ「うわああああっ!!!」

ドガァァァン

囚人「看守長ドレーク…!さすがに強ェ!」

ルフィ「くそっ!こんな手錠ついてなかったら」

「……ん?」

ドレーク「!!」

ボゴォォン

ルフィ「痛ェっ!!」

「…くそっ!」

ドレーク「!」

ヒュッ

バキィッ

ルフィ「!!」

ドレーク「……」

ガシャァァン

ルフィ「……ハァ…ハァ」

ドレーク「海楼石の錠をしてこれだけ動けるとは」

「頼もしい味方になりそうだ 期待しているぞ」

ルフィ「誰が味方だァ!」

ドレーク「2人とも牢屋にぶち込んでおけ」

部下「はっ!」

 

■囚人採掘場 牢屋

「大人しくしてろ!」

ドガッ

ルフィ「ぐええっ!」

キッド「うがっ!」

部下「キング様が到着したら きつ~い拷問をされるがいい」

バタン

ルフィ「くそっ!誰なんだアイツ?」

キッド「ドレークはおれたちと同じ最悪の世代と言われている男」

「元海軍だがその後海賊になったよくわからねェ奴だ」

「この採掘場の看守長 それに噂じゃ研究所でなんか作ってるらしい」

ルフィ「なに作ってんだ?」

キッド「さァな おれもよく知らねぇ」

??「ほっほっほ 奴が作ってるのは…巨大な鬼じゃよ」

ルフィ「誰だ!?」

キッド「なんだてめェ」

??「ほっほっほ お初に若いの」

【元光月家 からくり師 山びこのため蔵】

 

ため蔵「元々はわしらが外海から手に入れた資料を元に作っていたものじゃった」

「外海にはオーズと呼ばれる魔人の一族がおり その血液や細胞を引き取って研究をつづけた」

「が…光月家が敗れてから 研究所のものは没収されてしまった」

ルフィ「なんかよく分からんけど鬼はどこにいるんだ?」

ため蔵「本当ならとても完成するはずはなかった」

「じゃがあのドレークと言う男は外海で科学者とともに生命を生み出す研究をしておったようじゃ」

「奴が来てから再びその研究が進められていると聞いたが…」

 

■ワノ国 とある地下通路

カツン カツン

ドレーク「………」

兵士「ご苦労様です!」

科学者「……」

ドレーク「順調か?」

科学者「うむ…もう少し様子見がじゃな」

ドレーク「パシフィスタが完成した今」

「世界政府と戦争するためには新たな戦力が必要だ」

ドクン ドクン

??「………」

ドレーク「鬼と人の融合体…シヴァ」

ドクン ドクン

??「………」

巨大な卵の中に光る2つの目

■ドレークの狙いとは…!?

 

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑