ワンピースネタバレ最新949話の予想「赤色の邪含草」

公開日: 

Sponsored Link

■兎丼で反撃開始…!!

ルフィ「ゴムゴムのォ…!」

看守「!!」

ルフィ「狙撃(スナイプ)!!」

ドガァァァン


河松「流水刀…!」

看守「え!?」

河松 「瀑布珊瑚(シブサンゴ)!!」

ズバァァッ!!


お菊「般若菊月…!!」

看守「てめェ!まさか男だったとは」

お菊「金蹴り!!」

コカァァン

看守「ぎゃああああっ!」


雷ぞう「うぬぬぬ…ニンニン」

看守「死ねェっ!」

ズバッ

雷ぞう「!!」

看守B「ぐわぁぁっ!」

斬られた雷ぞうが別の看守に入れ替わる

雷ぞう「身代わりの術にござる!!」


囚人「つ…強ェ!まるであの時の光月家そのもの」

「本当に赤鞘の侍たちが帰ってきたのか!?」

ババヌキ「ちっ…」

「野郎ども!防護スーツを着ろ!」

ルフィ「ん?」

ババッ

一斉にスーツを着る看守たち

ガシャン

ルフィ「なんだ?」

ババヌキ「こいつはクイーン様が開発した最新兵器!」

「その名も「ヘロー4号機」だァ!!」

囚人たち「!!」


ババヌキ「内部で工場の廃棄物と麻薬を融合させたこの装置は」

「中毒性のあるガスを撒き散らし…」

「吸った者を不思議な快感とともに死に至らせる!」

囚人たち「……!」

ババヌキ「病に侵され苦しくて死にたいと叫ぶ貧民を」

「何人楽にしてやったことか」

「苦しまず楽に死ねるから安心しろ!」

大型の吸引装置のような兵器を持ち出すババヌキ


ルフィ「なんだありゃ?掃除機みてェだな?」

チョッパー「シーザーの兵器みたいなやつか」

囚人「あ…あァ…」

ドサッ

囚人「おいどうした!」

ルフィ「?」

青ざめている何人かの囚人


【回想】

…20年前

百十海賊団「ぎゃああっ!」

侍「崩れたっ!」

「今だ!攻め込むでござる!」

ガシャァァン

クイーン「フッフッフ…」

侍たち「!?」

クイーン「ドフラミンゴとか言う新参の取引相手」

「いってェどんな兵器を持ってきやがった」

カチッ

ギュオオオオオ

ヘロー初号機を使っているクイーン


侍「なんだこれは…!」

「構わぬ!攻め込めェ!」

「……」

「……がはっ」

「どうした?」

「か…体が動かん」

バタッ バタッ

「あ…あァ……」

ガスを吸って次々に倒れていく侍たち

クイーン「中々の効き目だ」

「こいつは気に入った」

侍たち「………」

クイーン「全員捕らえろ」

「何人かは廃人にして 見せしめのため町へ戻せ」

【回想終わり】


囚人「…ガタガタ」

ババヌキ「どうした?何か思い出したか?」

ルフィ「……」

ババヌキ「ぐははははくらえ!!」

ギュイイイイイン

ガポッ

ババヌキ「なんだ!?貴様」

兵器を口にくわえているルフィ

ルフィ「ろふならまはへろォ(毒なら任せろ)!!」

ギュルルルルルル

お菊「ルフィさん!?」

ヒョウ五郎「大丈夫か…!」

ルフィ「………」

「……ゲプッ」

ババヌキ「コイツ…」

ルフィ「おえっ…ギア4!」

「タンクマン(毒バージョン)!!」

若干色の変わったルフィ


ルフィ「ゴムゴムの…」

ババヌキ「やれ!!」

Sponsored Link

ルフィ「毒バリ ガトリング!!」

ドドドドドド

ババヌキ「!!」

バキッ メキッ 

ルフィ「うおおおお!!」

「毒噴射(ドクブレス)!!」

一同「ぎゃああああっ!!!」

全滅する看守たち


ざわ ざわ

モモの助「ルフィ太郎~!」

お玉「アニキ~!」

ルフィ「モモ!それに玉!来てたのか」

囚人「まさか…モモの助様!」

「バカな!あの時死んだはず」

「亡霊だ!うわあああっ」

モモの助「拙者たちは亡霊ではござらん!」

囚人たち「!!」

モモの助「拙者は…拙者と菊之丞それに雷ぞうは 父上が処刑されたあの日からここにやってきた」

「死んだ母上が不思議な力でこの時代に送って下さったのだ」

囚人たち「……」

モモの助「錦えもんやカン十郎もこの時代にきておる」

「みなお願いだから カイドウ討伐を手伝ってほしいのでござる!」

ざわ ざわ

囚人「確かにモモの助様だが…」

「過去からやってきたなんてとても信じられん」

モモの助「……」

「これを見るでござる!」


囚人たち「!?」

「あれは!!」

「赤色の…邪含草」

モモの助「おでん城にしか咲かぬこの花」

「この時代にはもう残っていないはずでござる」

囚人たち「…!!」

ヒョウ五郎「これから捕まっているわしの旧友たちを解放しに行く」

菊之丞「ヒョウ五郎親分…」

ヒョウ五郎「一角、兜十郎、邪鬼、土蜘蛛」

「みなきっと力になってくれるはずだ」


■九里 頭山 盗賊団のアジト

アシュラ童子「ついた ここだ」

錦えもん「まさか地下にこんな場所があるとは」

「!!」

「…これは」

アシュラ童子「カイドウの屋敷図だ」


イヌアラシ「敵の数 見張りの時間 それに抜け道まで…」

「ここまで詳しく調べてあるとは」

錦えもん「いったいなぜおぬしが?」

アシュラ童子「おれにもわからん」

「だがあの時のおでん様の話には 妙な説得力があった」

錦えもん「?」


【回想】

おでん「おれが処刑されたら モモの助たちを頼むぞ」

アシュラ童子「断る おでん様」

「おいはアンタが好いとってここにおるのだ」

「そいはあんたもよう分かっとうはずじゃ」

おでん様「がっはっは!くだらん理由だ!」

アシュラ童子「なんだと!?」

おでん様「アシュラよ…運命はもう決まっている」

アシュラ童子「運命?」

おでん様「おれはロジャーとともに世界の秘密を知った」

「そこで何を見たと思う?」

アシュラ童子「?さあ…」


さらに5年前…

ロジャー海賊団

ロジャー、レイリーをはじめ、おでん様やイヌアラシ、ネコマムシの姿も

船員「こっちです」

レイリー「……ポーネグリフか」

「まさかラフテルにまで落ちているとは」

ロジャー「おいおでん!これを読んでくれ!」

おでん様「………」

「…………」

「こいつは驚いた ここには歴史が書かれています」

「……?」

レイリー「どうした?」

おでん様「いや おかしいな」

「今よりもはるか未来の年表まで記されている」

レイリー「そんなバカな」

「何と書かれている?」

おでん様「1年後…ロジャー船長が東の海ローグタウンで処刑されたと」

ロジャー「…!!」

■ポーネグリフに記されていた内容とは!?

Sponsored Link

Comment

  1. はな より:

    ふくふくの能力でレイドスーツたくさんつくれないかな?

  2. 匿名 より:

    ルフィはお玉が死んだと思ってなかったっけ?
    それにしてはあっさりした反応だな。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑