ワンピースネタバレ748話を予想。ピーカ対ルフィは確定か?

公開日: 

ピーカ「ギロッ」

部下たち「あ・・あわわわわ・・・」

キレるピーカと、ビビるドンキホーテファミリーの部下たち。

 

「ブオッ」

 

ルフィに向かって攻撃を仕掛けるピーカ。

ルフィ「おわっ、あぶねぇ!!」

ギリギリで攻撃をかわすルフィ。

 

「バキッ!!」

 

攻撃を避けた方向の地面から手を出し、ピーカのパンチがヒットする。

ルフィ「いてぇ!!」

ロー「グフッ!」

 

ルフィ「だ・・大丈夫か?トラ男?」

ロー「ハァ、、麦わら屋、こうなると奴の攻撃範囲はこの国全体だ、避けたからと言って油断するな」

 

ゾロ「ルフィ!トラ男!あのやろー、、あんな所から手が出やがるのか・・・」

 

「ガキン!!」

 

ゾロ「!!!」

 

藤虎「人の心配してる場合じゃないんじゃございやせんか・・・」
ゾロに刀で攻撃を仕掛ける藤虎。
ゾロ「てめぇ、、海軍大将なら、俺たちなんかより大事な事が他にあるだろうが」

藤虎「ご心配なく・・・一般市民に死人は出しやせん」

ゾロ「そうだがまずはドフラミンゴの奴を、、うわっ!」

 

今度はゾロを重力で押しつぶそうとする藤虎。

前と同じようにギリギリでかわしていく。

ゾロ「あぶねぇ・・・ハァハァ」

 

 

一方海軍本部。

 

「プルルル・・・プルルル・・・」

海兵「サカズキ元帥、やはりドレスローザに向かった藤虎大将とバスティーユ中将の電伝虫は、少し前から音信普通のままです」

海兵「何か不測の事態でも起こったのではないでしょうか?」

 

サカズキ「だまっちょれ、アイツの実力ならヘマはやらかさんはずじゃ」

海兵「しかし、今朝のドフラミンゴの七武海脱退といい、国の様子がかなりおかしいとおもいますが」

サカズキ「もしドフラミンゴの奴が変な真似でもしようものなら、奴の能力で麦わらもろとも島を潰してもいいとゆうちょる。」

サカズキ「奴の強さはお前もようしっちょるじゃろ」

海兵「は、、はぁ・・・」

 

??「そいつはどうですかな・・・」

サカズキ&海兵「??」

??「アイツは情に甘いのです、、市民の事を考えすぎるあまり、甘い行動しか出来ない男なんですよ」

 

「海軍大将、緑牛」

Sponsored Link

kure1
緑牛「私なら今朝の誤報を誘導した時点で、七武海をクビにしてしまいますけどねぇ」

サカズキ「・・・あれには困らされたが、天竜人の一族である時点で、下手な処分はできんからのお」

緑牛「ウマく罠にかければいいのですよ。。」

サカズキ「・・・」

緑牛「元帥も知っているでしょう、アラバスタのクロコダイルの件といい、、最近の七武海の行動は自分勝手で目に余るものがあります」

緑牛「私は海軍大将に任命されたからにはやりたい事がある、そう、それは、七武海の完全撤廃です」

緑牛「これ以上七武海の身勝手な行動に振り回されていては、世界政府の信用も無くなるんじゃありませんか?」

 

海兵「し・・しかし、、七武海撤廃などしてしまっては、三大勢力が崩壊してしまう事になります」

 

緑牛「確かにその通り・・・」

緑牛「しかし人が変われば時代は変わるもの。同じルールをずっと続けていては、時代の変化とのひずみが生まれてしまうばかりです」

緑牛「ルールを変えれば世界はどうなってしまうか分からない、、しかしそうやって、我々人間は成長してきたんじゃないですか?」

 

海兵「は、、はぁ・・・」

サカズキ「・・・」

 

 

一方フランキー。

 

フラ「フランキーラディカルビーム!!」

フランキーはビームを出すが、工場には傷一つつかない。

 

フラ「く、、そったれ!!こうなったらクードヴァンで吹っ飛ばすしかねぇ!」

フラ「んがっ!!しまった!!・・・逃げる時にコーラ全部使っちまった!」

フラ「どこかに冷蔵庫はないか??」

 

フラ「おじゃましまーす」

「きゃあーーー変態よ!」

人の家にズカズカ入っていくフランキー。

 

一方ものかげからのぞくBブロックのアブドーラ。

アブ「兄貴!兄貴!!」

ジェット「ん?どうした??」

アブ「俺見たぜ!今麦わらの一味のフランキーがあの家に入っていくところを!」

ジェット「星一つのフランキーだな、よし出てきたところを捕えるぞ」

 

・・・続きはまた後日。

Sponsored Link

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑