セニョールピンクの過去とルシアン・子供の話が泣ける・・・

公開日:  最終更新日:2015/05/21

セニョールピンクとフランキーの決着がとうとう付きましたが、その前にセニョールの過去の話が登場。

めちゃめちゃ泣ける話だったので、改めてセニョールかっこいい!と思いました。

Sponsored Link

 

セニョールピンクの過去

ドンキホーテファミリーに在籍していた頃に、ルシアンと出会う。

nyo-

ある雨の日にセニョールは、雨の好きな女性・ルシアンと出会います。

二人はその後会うようになりますが、ルシアンが海賊嫌いと言う事を知り、セニョールは自分の職業を「銀行員」と偽ることに。

この時は今のようなハードボイルドな感じはなく、普通の男と言う感じですね。

さらに二人は結婚し、さらに子供を授かることになります。

セニョールはルシアンには海賊であることを隠しながら、結婚生活を続けていきます。

※原作では描かれていませんでしたが、ドンキホーテファミリーは家庭を持っているメンバーが他にもいるかもしれません。

旦那もしくは奥さん、子供がいるメンバーが、今後登場する可能性も?

 

息子「ギムレット」と突然の別れ

nyo-1

セニョールが1週間家を空けて帰ってくると、そこには泣き崩れるルシアンの姿が。

セニョールが出かけた後、息子のギムレットが高熱を出し、息を引き取ってしまったようです。

銀行に何度も電話したルシアンは、セニョールが銀行員で無い事を知ります。

騙されていたことに腹を立てたルシアンは、セニョールの静止を振り切り、嵐の日に家を飛び出すことに。

 

ルシアン、植物人間に・・・

nyo-2

セニョールがルシアンと再会したのは病院の中でした。

ルシアンは嵐の中土砂崩れの事故に会い、表情のない植物人間状態になってしまいます。

自分に責任を感じて泣き崩れるセニョール。

セニョールはその後何度も病院を訪れますが、ルシアンの表情は変わらないまま。。

 

ボンネットでルシアンが笑う

Sponsored Link

nyo-3

ある日セニョールが、ギムレットがかぶっていたボンネット(赤ちゃんの被り物)を付けてみせると、ルシアンがかすかに笑った顔を見せます。

それからセニョールは、いつもボンネットをかぶってルシアンに会いに行きます。

ファミリーや道行く人からは変態扱いされますが、

「俺にとっては・・・どんな高価なスーツより値打ちがあるんだよ、ルシアン。この服を着ている間だけ・・・君が微笑んでくれるから・・・!!」

これでセニョールがいつもあんな格好をしていた理由が判明しました。

 

セニョールピンクの過去に対する反応

・セニョールピンクとかいうかっこいいおじさま ただの変態じゃなかったのね笑

・セニョールピンクの回想ずるすぎるだろ何で敵幹部の変態野郎に感動せにゃいかんのだ

・やべえ、フランキーとセニョールピンクのバトルくそ泣けるwwwww セニョールいいやつだなあ〜

・やばい。。。セニョールピンクがカッコよかった。。。感動した。。。一途って素晴らしい。。。

・ちょっと、、フランキーはもう当然なんだけどセニョールピンクが想像以上にハードボイルドすぎた。2人の戦いにまだボーヤの俺はついていけなかったよ

 

ルシアンは生きている?

ルシアンは回想では「命はあまり長くない・・・」と言われていましたが、まだ生きている可能性もありそうです。

13年前のローの回想ではセニョールは赤ちゃんスタイルではなかったのですが、10年前のドレスローザ乗っ取りの時にはすでにこのスタイルだったので、

13年前

senyo3

 

 

 

10年前

senyo2

ルシアンの事故は13~10年前に起こったことになります。

まだ植物人間状態として生きていれば、ローのオペオペの能力や、マンシェリー姫のチユチユの能力で、ルシアンを回復させることができるかもしれません。

ん~とても泣ける話だったので、出来ればルシアンには回復してもらって、セニョールピンクと再会してもらいたいですね。

Sponsored Link

Comment

  1. たかひろ より:

    いや、おそらく亡くなったでしょう。
    フランキーを空中に連れて飛び上がった際のセリフから察するに。

    • onepiecenkoukousatu より:

      なるほど、確かに泣いてましたしね。
      オペオペかチユチユの能力があれば生きてたんでしょうけど。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
<スポンサードリンク>
PAGE TOP ↑